千鳥(ちどり)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㉔

セックスの四十八手(48手)でも人気度の高い『千鳥(ちどり)』

千鳥は有名な座位でもあるので、多くの方が経験したことのある体位かもしれませんね。もしかしたら、千鳥を間違って方法でやっている方も中にはいるかもしれません。

 

千鳥は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『千鳥(ちどり)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

千鳥(ちどり)

千鳥(ちどり)やり方

千鳥は女性が足を閉じて行う体位の中で一番、難易度の高い体位です女性がヒザを曲げて足を折りたたむ姿勢になるので、体の柔軟性が求められます。

腰にも負担がかかるので、長時間続けると腰や太ももの筋肉を痛めてしまうことも。

 

その一方で、女性が足を折りたたむと腰が自然に浮き上がり、 男性は挿入とピストンがしやすくなります

ペニスの根元が女性のクリトリスをこするため、女性も快感を得やすくなります。

▶︎千鳥@ラブコメ

 

千鳥ポイント

  • 女性の柔軟性が大切
  • 足を閉じる体位で最も難しい
  • 男性は強い快感を得られる
  • ペニスがクリトリスにこすれるため、女性の性感もアップします。
  • 男女共に感じられる

 

女性の柔軟性が求められる

千鳥(ちどり)は女性が足を正座のように閉じたまま行うセックスですので、身体が柔らかくないと、出来ない体位です。体が柔らかく無いとこの体制になることも出来ません。

 

体の柔軟性に自身がある人は積極的に挑戦してみてください

 

千鳥(ちどり)のやり方

千鳥(ちどり)のやり方

千鳥(ちどり)は仰向けに寝転んだ女性に、男性がかぶさるようにして挿入します。

その時、女性が足を折り曲げておくのがこの技のポイントです。

男性のペニスを挟むような感じでぎゅっと締め付けると膣の締まり具合が良くなり、 男性は強い快感を得ることができます。

 

基本姿勢

  1. 女性は正座の形から仰向けに倒れる
  2. 少し足を広げる
  3. 挿入。
  4. 女性に体重が掛かりすぎないようにピストン

 

千鳥は足を閉じ気味にするため、ペニスがクリトリスにこすれて女性も快感を得やすくなります。

女性は体制がキツイので長時間行うのは難しい姿勢ですが、正常位の変形技として組み込むのに最適な体位 ですので、覚えておくと良いでしょう。

 

男性目線の千鳥

男性からみた千鳥

セックスは想いやりのスポーツです。お互いの気持ちを尊重する事が大切になってきます。

男性目線の千鳥は普段より膣の締まりがよくなるので、早漏御免な体位です。

 

セックス にあまり慣れていない相手でしたら、あまりの刺激の強さにピストンしてすぐに発射してしまう可能性もあります ので、長時間プレイをするときは、終盤辺りに取り掛かるといいでしょう。

 

千鳥まとめ

鳥まとめ

千鳥は男性の負担が少ないものの、女性は少々無理な姿勢なので体の柔軟性が無いとキツイかも。

千鳥は女性が足を閉じる体制この中でも男性が挿入とピストンがしやすい体位です。 男性が動きやすいということは、女性の快感も強まるということです。

 

ですが、千鳥の姿勢で痛みがあり、筋肉がつりそうになったら無理せず千鳥の姿勢を崩しましょう