百閉(ひゃくへい)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㉚

セックスの四十八手(48手)でも人気度の高い百閉(ひゃくへい)

百閉はと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、族に言う”騎乗位”です。セックス の最中に多くの方が経験したことのある体位かもしれませんね。

 

また、百閉はGスポットにも当たりやすい体位なので、中イキできなかった女性もイケるようになるかもしれませんね。

百閉は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『百閉(ひゃくへい)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

百閉(ひゃくへい)

百閉(ひゃくへい)

百閉はセックス48手の中でもとても簡単な体位で、男女の繋がりを強く感じられます。体位の部類としては、女性が上にまたがる騎乗位にあたります。

百閉は初めてセックスする方でも手軽にできるプレイでとても人気があります。

 

百閉(ひゃくへい)ポイント

  • 女性が主導権を握る
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 激しいセックスが可能
  • ピストンもされやすい
  • 男女共に感じられる
  • ワンパターンになりがち
  • 腰を大きく動かすほど良い
  • 腰使いの上手さで決まる

 

セックス の王道パターンなので、同じ相手に何度もこの体位をしてしまうと、 セックスレスに繋がってしまう可能性もあるので、バリュエーションは豊富にしておきましょう。

 

女性の腰使いが下手だと気持ち良くなれない

あまり女性が騎乗位に慣れていないと、男性は気持ち良くなれないこともあります。

このケースはよくあり、普段のセックスで正常位やバック中心でいつもしている人は、そもそもどのように腰を動かしたら良いか分かっていません。

 

もちろん、回数を重ねれば腰使いが上手くなるのですが、最初のうちは思ったように快感を与えることができません。

女性は上下にピストンするだけでなく、腰を横に動かすような動きも取り入れると、上手な百閉ができるでしょう。

 

百閉(ひゃくへい)のやり方

百閉(ひゃくへい)やり方

この体位は騎乗位の一つで、仰向けに寝転んだ男性の上に女性が跨がる形で行います。女性がクリトリスと男性の股間部に押し付け、腰をグラインドさせるように動かすのがポイントです。


この動きは男性のペニスの裏筋をこする効果があるので、 男性に強い快感を与える事が出来ます。女性は腰を動かしながら、自分の気持ちよいポイントにペニスを当てるようにしましょう。

 

基本姿勢

  1. 男性は仰向け
  2. 寝転んだ男性を跨る
  3. 挿入。(女性が入れてあげるとスムーズ)
  4. 女性はピストンだけでなく
  5. 左右に腰を使う

百閉は男女共にイキやすい体位なので、積極的に行うと良いでしょう。
男性主導でピストンを行って貰えば、また違う快感を得られます。

 

男性目線の百閉

百閉

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の百閉は、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は3つあります。

 

男性が百閉を好きな理由
  • 女性が感じているのも直視できる
  • M気のある男性は支配されている感覚が好き
  • 多くのバリエーションを楽しみやすい
  • 簡単な体位なので、やりやすい

百閉がなぜ男性にも人気があるかと言うと、様々な体位からの流れを作りやすいからです。

例えば正常位の形からそのまま百閉に移行することも可能ですし、シックスナインの大勢からもすぐに移行する事ができます。

 

また、普段は責めるのが好きな男性でも、たまに女性に責められることによって感じやすくなり、直ぐにイッてしまう可能性 もあります。

 

百閉(ひゃくへい)まとめ

百閉(ひゃくへい)まとめ

百閉で確実にイキたいなら、クリトリスやチクビ責めも同時にして貰いましょう! 強い刺激を感じるスポットを同時に責めることで身体中が快感で支配されます。

 

女性側も男性の乳首などを触ってあげることによって、更なる快感を与える事ができ、「エッチうまいな」と男性に思わせることも簡単です♡