仏壇返しのやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㊽

セックスの四十八手(48手)でもドS男子に人気のある『仏壇返し(ぶつだんがえし)』

仏壇返しはと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、「立ちバック」が女性が壁に手をついて行うのに対し、『仏壇返し』は女性を前かがみになる体位です。

 

仏壇返しは大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『仏壇返し(ぶつだんがえし)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

仏壇返し(ぶつだんがえし)

仏壇返し(ぶつだんがえし)

仏壇返しは男性のピストンで体全体が揺さぶられて、野生的なセックスをしている自覚がさらに興奮をかきたてます。

 

女性の体が柔らかければ柔らかいほど、仏壇返しは快感の強さが増していく、 セックスの中級者向けの体位です。

 

仏壇返し(ぶつだんがえし)ポイント

  • 男性主導
  • 中級者向け
  • 場所を必要としない
  • 男女ともに感じられる
  • 3点責めもされやすい
  • 女性の体が柔軟なほど気持ちい
  • 背面体位の一種

 

また身長差によって挿入具合が変わるため、お互いの足の開きを調整し、ペニスが挿入されやすい高さ、気持ちのよい角度を探して、さらに気持ちのいいセックス を楽しみましょう!

▶︎仏壇返しメリット☜

 

バランスが意外と難しい

女性は、強く突かれすぎると前のめりに倒れてしまう可能性 もありますので注意した方が良いです。ただでさえ、足をピンと伸ばして前屈みになるのは辛い姿勢です。

男性に尻や腰を支えて貰うと良いでしょう。

 

身長差のあるカップルは難しい

女性が小さすぎると、男性が足を大きく開くか、膝を曲げてペニスを挿入しなければならなくなり、どちらにせよ腰に負担がかかります。

 

ですので、身長差のあるカップルは控えた方がいいかもしれませんね。

 

仏壇返し(ぶつだんがえし)のやり方

仏壇返し(ぶつだんがえし)のやり方

仏壇返しは立ちバックの一種で、男性が女性に立ったまま挿入 します。基本的には立ちバックと同じですが、女性が前かがみになり、地面に手をついて行います。

 

基本姿勢

  1. 女性は立った状態のまま両手を地面に着く
  2. 男性は女性を支えらがら挿入。
  3. 男性主導でピストン
  4. 女性は体勢がきつくなったら膝を少し緩める

この体位はペニスを膣に深く挿入することができるため、中出しをされると精液を膣の奥に出すことができます。


女の子が前傾姿勢となっているため、中出しした精液が漏れ出にくいです。

 

男性目線の仏壇返し(ぶつだんがえし)

男性目線の仏壇返し(ぶつだんがえし)

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の仏壇返しは、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は5つあります。

 

男性が仏壇返しを好きな理由

  • ピストンが男性主導な為、イキそうになっても調節できる
  • 多くのバリエーションを楽しみやすい
  • 女性を支配できる
  • 挿入しているところが見れる
  • 乳首も同時に責めやすい

 

なぜ男性に仏壇返しが人気があるかと言うと、早漏の人でも自分自身でイクタイミングを調節できるからなのです。日本人の半数以上は早漏と言われていますからね。

男性も出来るだけ長くセックスを楽しみたいのです。

 

また、仏壇返しは普段控えめな男性でも、狼になりやすい体位なので、S属性の男性からしても大変人気のある体位です。

 

仏壇返し(ぶつだんがえし)まとめ

仏壇返し(ぶつだんがえし)まとめ

女性が両手両足を床について、後ろから男性が激しく力強いピストンを繰り出せる仏壇返し。

仏壇返しの姿勢でセックスを楽しめば、 男女ともに腰が抜けるほど強い快感を得られるかも。

 

特に女性は膣内の感覚に意識を集中しやすく、あまりの気持ち良さにヒザが笑って立っていられなくなることも。

関連記事▶︎四十八手一覧!人気の体位はどれか☜