抱き上げ(だきあげ)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㉖

セックスの四十八手(48手)でも難易度の高い『抱き上げ(だきあげ)』
抱き上げはと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、ざっくり言うとアクロバティック背面体位です。

 

AVなどではたまに出てくるた体位なので、マニアックの方はもしかしたら経験したことのある体位かもしれませんね。

また、抱き上げは深い挿入感を楽しみやすい体位なので、中イキできなかった女性もイケるようになるかもしれませんね。

 

抱き上げは大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『抱き上げ(だきあげ)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

抱き上げ(だきあげ)

冒頭でもお伝えしましたが、抱き上げ(だきあげ)はアクロバティックな後背位の体位です。

女性の胴体が空中にある状態で挿入する体位なのでベッドシーツなどの摩擦から解放されて挿入感に集中 できます。

 

抱き上げは男女ともにかなりの負担がかかるので、セックスの上級者向けです。

 

抱き上げ(だきあげ)ポイント

  • 男が主導権を握る
  • 上級者向け
  • 男女共に腕力が必要
  • 短時間ピストン向け
  • 男女共に感じられる
  • 深い挿入感が味わえる
  • M女子向け

男女共に腕力が必要な体位なので、腕力に自身のあるペア向けセックス です。変に疲れる体位は セックスレスに繋がってしまう可能性もあるので、バリュエーションは豊富にしておきましょう。

▶︎抱き上げの注意点☜

 

ふかふかのベットだと難しい

抱き上げはアクロバティックな体位なだけにふかふかのベットでやるとバランスを崩しやすくなり、更に難易度が上がります。 足場が安定している場所を選びましょう。

 

安定しているとはいえ、床の上で抱き上げをするのもやめましょう。女性が腕で自重を支えきれなくなると、崩れてしまいます。

少し厚めの敷布団か、硬めのマットレスを使用したベッドの真ん中で抱き上げをしましょう。

 

抱き上げ(だきあげ)やり方

抱き上げ(だきあげ)やり方

抱き上げ(だきあげのやり方は、まず女性が腕たて伏せのような形になります。男性は膝立ちになり、この 体勢になった女性の足を持ち上げる様にしながらバックで挿入します。

挿入した後は男性は足を持ったまま、女性は床に手をついたままでピストン運動を行います。

 

基本姿勢

  1. 女性は腕立ての体制に
  2. 男性が女性の両足を持つ(組体操)
  3. 挿入。
  4. ピストンを開始

抱き上げ(だきあげ)は何度も言いますが、男女共に負担が掛かります。

激しいピストンをすると、女性が体を支えられなくなり、 最悪の場合顔面から崩れてしまうということもありますので、安全第一でやりましょう。

 

難しい体位な分、出来た時の達成感と幸福感は最高です♡
抱き上げ(だきあげ)によってセックスレスなカップルも解消するでしょう。

 

男性目線の抱き上げ


セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の抱き上げは、やってみたいと言う好奇心があります。

 

男性がやってみたい理由
  • ピストンが男性主導な為、イキそうになっても調節できる
  • 腕力をアピールできる
  • AVで見て憧れている
  • セックスが上手だと思わせたい

 

男性は言葉にはしませんが、間接的に様々なアピールを女性に対してしたがる生き物です。
抱き上げの場合は特に 腕力のある人、セックス上手だと思って貰いたい人は特にやってみたい体位です。

 

男性の多くは、様々な体位を知っている=セックス上手と思っていますからね。
積極的に様々な体位をやりたがります。

 

抱き上げまとめ

抱き上げまとめ

抱き上げは背面体位の一種で、腕立て伏せの姿勢になった女性の両脚を男性が持ち上げて、そのまま挿入する体位です。

 

アクロバティックな体位なので、男女ともに大きな負担がかかります。男性は女性の下半身を持ち上げて、支えるだけの腕力とピストンをするための体力が。女性は上半身の体重を支え、姿勢を維持するための体幹が求められます

セックス上級者の方はぜひ、お試しでやってみてください!