碁盤攻め(ごばんぜめ)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㉒

セックスの四十八手(48手)でも人気度の高い『碁盤攻め(ごばんぜめ)』

碁盤攻めはAVでも良く登場する背面体位でもあるので、多くの方が経験したことのある体位かもしれませんね。

 

その中にはもしかしたら、碁盤攻めを間違って方法でやっている方もいるかもしれません。人気のある体位だからこそ間違えないようにしましょう。

碁盤攻めは大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『碁盤攻め(ごばんぜめ)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

碁盤攻めとは?

碁盤攻め(ごばんぜめ)は、まず、男女が同じ方向を向いて立ち、そこから女性が前に屈むようにして、ベッドや机などに手をつきます。

男性は女性の腰をしっかりと支えながら、後方から挿入し「碁盤攻め」の完成です。

 

男性も女性も強い快感を感じやすい体位 ですので、是非試してみてください。

▶︎碁盤攻め@ラブコスメ

 

碁盤攻め(ごばんぜめ)ポイント

  • 男女共に人気
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 激しいセックスが可能
  • ピストンもされやすい
  • 深い挿入感
  • 女性の負担が軽い
  • 場所を取らない
  • 3点責めも可能

背面体位(バック)の中でも最も簡単な体位になりますので、多くの方に好まれる退位です。女性の負担もとても少ないので、長時間プレイも可能です。

 

S男性、M女性に人気

碁盤攻め(ごばんぜめ)は”攻めたい男子”と”攻められたい女子”にピッタリの体位です。攻め側の男性は空いた両手で乳首をいじることもできますし、激しいピストンも容易に行う事ができます。

 

逆に攻められる側の女性は、男性の顔を直接見れないので「普段は穏やかな彼がこんなにも激しく、、、♡」と妄想が膨らみます。

また、お尻も叩かれやすい体位なので、M娘には大変人気のある退位です。

 

碁盤攻め(ごばんぜめ)やり方

碁盤攻め(ごばんぜめ)やり方

まず女性が安定したものに両手をついて、お尻を突き出すように腰を曲げます。男性は立った状態のまま、後ろから挿入すれば碁盤攻めの姿勢に。

女性は 腰を反らせてお尻を突き出す姿勢にすることがポイント男性がペニスを挿入しやすくなり、ピストンもしやすくなります。

 

基本姿勢

  1. 女性はベットや椅子につく
  2. お尻を突き出し挿入しやすくする
  3. 挿入。(女性が入れてあげるとスムーズ)
  4. 男性は女性を支えながら空いた手で他の箇所も責める

イキそうになってきたら、ベッドに乗ってお好きな体位で楽しみます。バックを堪能した後なので、正常位のバリエーションを楽しむと、また違った快感を味わう事ができます。 

 

場所を選ばない

碁盤攻め(ごばんぜめ)は立ったまま挿入するため、ベッドのない場所や狭い場所でも挿入できます

 

場所を選ばずにセックスできるので、お風呂場や野外などで挿入したくなった時にもおすすめです。

 

男性目線の碁盤攻め(ごばんぜめ)

男性目線の碁盤攻め(ごばんぜめ)

男性目線の碁盤攻め(ごばんぜめ)は、AVなどでよく見る機会が多く、女性を好きなように責める事ができ、深い挿入感を味わうことのできる体位なので大人気です。

 

また、男性は自分のペースでピストンをする事ができるので、早漏の人や、遅漏で激しいピストンをやりたい方にも支持率があります。

セックスをする度に一度はやりたいい体位と言う人もいるくらい、男性はみんな好きな体位です♡

 

碁盤攻めまとめ

碁盤攻めまとめ

場所を選ばずセックスができる碁盤攻めは背面立位の一種。女性が手をついて腰を曲げられる姿勢になれれば、 どこでも碁盤攻めでセックスができます

ベッドでしないセックスはとても刺激的。普段はしない場所で盛り上がるセックスは、現実を非現実的な空間にしてくれる魔法そのもの。