Gスポットってどこ?大人のアダルト知識

アダルトサイトをみていると「Gスポットが感じやすい」って書いてある事が多いのですが、Gスポットってどうやって見つけるのですか?

今回はこんな質問に答えていきたいと思います。

 

本記事の内容

✔︎Gスポットとは

✔︎Gスポットの見つけ方

✔︎Gスポットの責め方

 

 

 

15,000本以上の高画質エロ動画が見放題

 

15,000本以上の高画質エロ動画が見放題

 

「U-NEXT」なら、1分程度の登録作業だけで15,000本以上の高画質エロ動画が見放題となります。
しかも、31日間以内に利用停止すれば完全無料。キャンペーンが終了する前に利用しないと損します。

 

U-NEXTはAVだけでなく、huluのように映画や海外ドラマ、アニメなども最新の作品を楽しむことができ、特にU-NEXTは最新の作品をどこよりも早く配信されます。

 

 

▶︎U-NEXT(エロ)

 

Gスポットとは

Gスポットとは

Gスポットは女性の膣に中指をすべて入れた際、第二関節を曲げた辺りにある性感帯のことです。

Gスポットはドイツの産婦人科医によって発見され、その医師の名前にちなんで命名されました。

 

Gスポット(Gräfenberg spot:G-spot)とはドイツのエルンスト・グレフェンベルク(Ernst Gräfenberg)にちなんで命名された、恥骨の下にある膣壁前方上部の小さな領域。女性にとってクリトリスに次いで有名な性感帯[1]Wikipedia

乳首やクリトリスと同じく、Gスポットを刺激されると女性は非常に強い快楽を感じます。

このGスポットは女性の膣内にあるため、手マンをする際にここを責めると大きな快感を得られるというわけです。

 

Gスポットの見つけ方

Gスポットの見つけ方

Gスポットの場所は人それぞれですが、大体の範囲は決まっています。

探し方さえマスターすれば、すぐに見つけられます。まずはその位置を知って、実際に触れるところまでいってみましょう。

 

また、Gスポットの場所は、ちょうど恥骨の裏辺りにあります。クリトリスが見た目でわかるのですが、Gスポットは外から見てもわからないので、どこにあるのか、見つけるのは大変です。

 

Gスポット仰向けでの見つけ方

女性を仰向けに寝かせたら、男性が手のひらを上にした状態で、人差し指と中指をまっすぐそろえた状態で挿入します。

 

そして根元まで挿入したら第二関節を恥骨方向に折り曲げ、指の腹を膣壁に押し当てます。そこで当たった部分がGスポットです。

感触としてはザラザラとしているので、初心者でもきっと分かりやすいでしょう。

 

Gスポットうつぶせでの見つけ方

まずは女性がヒップを上げた状態にします。

男性は手のひらを下にして指を挿入し、膣前壁(この場合は下側)に押し付けるようにして探します。

 

Gスポットの責め方

Gスポットの責め方

Gスポットらしきところが見つかったら、その場所を徹底的に攻めていきます。
攻め方は優しく→やや激しめに→激しくの3段階です。

 

その1 押す・擦る

グッグッと中指でGスポットを押したり、少し奥から手前にスライドさせたりします。ここでは気持ちよくするというよりも、濡らしたり興奮させたりする準備段階だと思ってください。

 

その2 円を描く・動きを早くする

円を描くということは、ゆっくり擦るよりももう少し強めの刺激が加わります。それに早さをのせることで、準備&気持ちよさを両立することができます。

 

その3 出し入れ

いわゆる指マンや手マンと呼ばれるものに似ていますが、指を激しく出したりまた入れたりしてGスポットと周辺をほぐしていきます。

 

元々指を入れる行為自体が、ペニス挿入の準備だったりします。激しく出し入れすることに慣れてもらうため、多少Gスポットからずれても3段階めはやっておきましょう。