帆掛け茶臼(ほかけちゃうす)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㉛

セックスの四十八手(48手)でも中級者向けの『帆掛け茶臼(ほかけちゃうす)』

帆掛け茶臼はと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、帆掛け茶臼はは騎乗位の一種です。セックス の最中に経験したことのある人は少ないかもしれませんね。

 

帆掛け茶臼は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『帆掛け茶臼(ほかけちゃうす)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

帆掛け茶臼(ほかけちゃうす)

帆掛け茶臼(ほかけちゃうす)

普通の騎乗位と違うのは、女性が上半身を倒し、男性の体と密着させるようにするということです。

こうすることによって、性器の挿入による快感と同時に、肌同士の触れ合いも楽しむことができます。

 

帆掛け茶臼(ほかけちゃうす)ポイント

  • 男が主導権を握る
  • 中級者向け
  • 男女の密着感がエロい
  • 男女共に感じられる
  • 見て興奮できる
  • 挿入部分が間近で見れる

帆かけ茶臼の特徴として、お互いの目の前で、挿入しているところを間近で見ることができるので、肉体的な快感はもちろんのこと、 見て興奮することもできるという素晴らしい体位です。

▶︎帆かけ茶臼@ハウコレ

 

ある程度の柔軟性が必要

帆かけ茶臼は結合部分が丸見えで大変エロい体位ですが、 女性は男性の肩に足を上げなければならないので、ある程度の柔軟性が必要 です。

身体が硬いと足がつったり、背中や腰を痛める可能性があるので注意してください。

 

体が硬くてできなかっ時は、お互い萎えるだけでなくセックスレスにも繋がってしまうので、ある程度体は柔らかくしておきましょう。セックス はスポーツです。

また、 お互いに向き合って挿入するため、男性も女性もやや動きにくい体勢になります。オーガズムを得るのは難しい体位だと言う事は最初から理解して行った方が良いでしょう。

肌の密着感と見た目のエロさで興奮したい時にはオススメです。

 

帆掛け茶臼(ほかけちゃうす)のやり方

帆掛け茶臼(ほかけちゃうす)のやり方

帆掛け茶臼はまず、男性が仰向けになります。女性が男性に向かい合う形で、男性の腰の上にしゃがみ込みペニスを挿入して騎乗位の姿勢になります。

このとき女性は両脚を伸ばした状態になって、片足を男性の肩のあたりに添えて 、もう片足は軽く開きましょう。

 

次に男性が女性の腰を抱えながら体を起こし、女性は体を後ろに倒すと同時に、両手を後ろについてバランスをとります。

 

基本姿勢

  1. 男性は仰向け
  2. 向かい合い、男性の腰の上にしゃがみ込む
  3. 女性は片足を男性の方に
  4. もう片足も伸ばした状態に
  5. 挿入。(女性が入れてあげるとスムーズ)
  6. 女子は体を倒し、両手で体を支える

女性は両手でしっかりと体を支えましょう。

ただでさえ不安定な体位なのでバランス感覚を保つのは大切 です。より安定させたい場合は、載せている方の足を男性に持って支えてもらうようにすると良いでしょう。

 

男性目線の帆掛け茶臼(ほかけちゃうす)

男性目線の帆掛け茶臼(ほかけちゃうす)

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の帆掛け茶臼は、中級者になったらやってみたいと思う体位です。と言うのも理由は6つあります。

 

  • ピストンが男性主導な為、イキそうになっても調節できる
  • 多くのバリエーションを楽しみやすい
  • 女性を支配できる
  • 様々な体位をすることでセックス上手だと思わせたい
  • 女性の足が肩にかかるので、アソコが丸見え
  • 挿入を間近で見れる。

なぜ男性に帆掛け茶臼が人気があるかと言うと、早漏の人でも自分自身でイクタイミングを調節できるからなのです。 日本人の半数以上は早漏と言われていますからね。

 

男性も出来るだけ長くセックスを楽しみたいのです。

また、挿入部分を間近でモロ見れるので、性欲が止まらなくなってしまい、どんどんセックス を楽しんでくれるようになります。

 

帆掛け茶臼(ほかけちゃうす)まとめ

帆掛け茶臼(ほかけちゃうす)まとめ

帆かけ茶臼は抱き合いながら挿入する密着感の強い体位ですが、なんといっても近くでマンコにチンポが入っていくのを見られるのが魅力です。

気持ち良くても目は閉じずに開けたままにして、 いやらしいところをしっかりと目に焼きつけて貰いましょう

 

あなたのファンになってしまうかもしれませんね♡