雁が首(かりがくび)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㉘

セックスの四十八手(48手)でも人気度の高い『鵯越え(ひよどりごえ)』

鵯越えはと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、族に言う”バック”です。セックス の最中に多くの方が経験したことのある体位かもしれませんね。

 

また、鵯越えはGスポットにも当たりやすい体位なので、中イキできなかった女性もイケるようになるかもしれませんね。

鵯越えは大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は鵯越え(ひよどりごえ)のやり方を徹底解説!をご紹介していきます。

 

雁が首(かりがくび)

 

鵯越え(ひよどりごえ)ポイント

  • 男が主導権を握る
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 激しいセックスが可能
  • ピストンもされやすい
  • 男女共に感じられる
  • ワンパターンになりがち
  • 女性は手を付かず腰だけを突き上げるとより気持ちい

 

セックス の王道パターンなので、同じ相手に何度もこの体位をしてしまうと、 セックスレスに繋がってしまう可能性もあるので、バリュエーションは豊富にしておきましょう。

 

雁が首(かりがくび)のやり方

▶︎※フェラのやり方を知りたい人以外は見ないでください。☜

基本姿勢

  1. 女性は正座の状態から上半身を前に倒す
  2. 足を開く
  3. 挿入。(女性が入れてあげるとスムーズ)
  4. 挿入後数回ピストンをしてから女性は足を閉じ、男性は女性の足を跨ぐ
  5. そうする事で奥に当たる♡

鵯越えは安定感があるので深く強く突く事ができ、男女ともに強い快感を得る事ができる体位です。

 

男性目線の雁が首


男性目線の雁が首

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の鵯越えは、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は3つあります。

 

男性が鵯越えを好きな理由
  • ピストンが男性主導な為、イキそうになっても調節できる
  • 多くのバリエーションを楽しみやすい
  • 女性を支配できる

 

雁が首まとめ

雁が首まとめ

フェラチオの体位の1つである雁が首。雁が首は仰向けで横になった男性の股の間に、女性が入ってフェラチオをします。

ペニスに対して女性の顔が正面になるので、ペニス以外にも玉袋や、抵抗がない女性は男性のアナルを刺激することも。

 

雁が首で頑張る姿を男性に見てもらえるように、髪の毛は結ぶか肩に流しましょう。そして、ゆっくりと丹念にペニスを愛撫。

ペニスを愛撫しつつ空いた手で陰茎を手淫したり、男性の乳首や玉袋を同時に刺激すれば、男性は思わず声が出てしまうほど気持ちよくなるでしょう。