菊一文字のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㊹

セックスの四十八手(48手)でもクリを攻めてもらいたい女性に最も人気のある『菊一文字(きくいちもんじ)』

菊一文字はと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、菊一文字は側位の一つで、仰向けに寝転んだ男性の上に女性が足を大きく広げて挿入する体位です。

 

菊一文字やぐらは大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『菊一文字(きくいちもんじ)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

菊一文字(きくいちもんじ)

菊一文字(きくいちもんじ)

菊一文字の面白いところは、女性が挿入する角度を少し変えるだけで快感が違うということです。

完全に座った状態でグラインドをすると騎乗位のような深い挿入感を感じられ、身体のひねり具合を腰を少し浮かせるなど少し調整をするだけで、簡単にクリで感じる事ができます。

 

女性が腰を動かすこともできますし、疲れたら男性が下から突き上げることもできるので、菊一文字はセックス48手でも便利な体位です。

 

菊一文字(きくいちもんじ)ポイント

  • 男女主導権をもてる
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 48手でも数少ない側位
  • 男女ともに感じられる
  • 3点責めもされやすい
  • 気持ちい場所に当たりやすい

菊一文字はかなり深い挿入感をお互い楽しむことができるので、Gスポットはもちろんポルチオ性感帯☜も刺激できます。

女性は腰をくねらせたり、 腰の向きを変えればペニスの挿入角度も変えられるようになり、膣内の刺激の変化を楽しめます。

 

膣の中が狭いのでコンドームは必須

菊一文字は他の体位と比べても深い挿入になります。一度挿入してしまうと、なかなか抜けない体位でもあるので、いきなり射精間がこみ上げてくることもあります。

 

つまりコンドームを付けていないと、間違えて中出しをしてしまうなんてことも起こるかもしれません。特に早漏の人は注意した方が良いでしょう。

 

菊一文字(きくいちもんじ)のやり方

菊一文字(きくいちもんじ)のやり方

女性が性器を露出させるように大きく足を広げて座るところから始めます。

男性は横向きに寝転び、露出した膣にペニスを挿入します。女性は尻を持ち上げるような形で組み合わされると、深く挿入できます。

 

女性が座った姿勢のまま、後ろ手をつくとバランスが取りやすくなります。

 

基本姿勢

  1. 男性は仰向け
  2. 女性は羞恥心を忘れて足を全開
  3. 男性は横向きになり挿入。
  4. 女性は手を後ろについてバランスをとる
  5. ピストン

挿入と同時にクリを刺激されると、女性は強い快感を得る事ができます。クリ攻めが好きな女性にはたまらないく気持ちいです♡

 

男性目線の菊一文字(きくいちもんじ)

男性目線の菊一文字(きくいちもんじ)

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の菊一文字(きくいちもんじ)は、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は7つあります。

 

男性が菊一文字を好きな理由
  • ピストンが男性主導な為、イキそうになっても調節できる
  • 多くのバリエーションを楽しみやすい
  • 女性を支配できる
  • 挿入しているところが見れる
  • 乳首も同時に責めやすい
  • 深い挿入感を味わえる
  • 女子のクリも同時に攻められる

なぜ男性に菊一文字が人気があるかと言うと、早漏の人でも自分自身でイクタイミングを調節できるからなのです。 日本人の半数以上は早漏と言われていますからね。

男性も出来るだけ長くセックスを楽しみたいのです。

 

また、菊一文字は普段控えめな男性でも、狼になりやすい体位なので、S属性の男性からしても大変人気のある体位です。

 

菊一文字(きくいちもんじ)まとめ

菊一文字(きくいちもんじ)まとめ

菊一文字は男女ともに人気の体位 ここで紹介した菊一文字のアレンジで、体の硬い女性も菊一文字を楽しめます。

次にパートナーとセックスする機会があれば、チャレンジしてみることをおすすめします。