こたつがかりのやり方を徹底解説!四十八手マニュアル⑨

セックスの四十八手(48手)でも数少ない季節限定体位『こたつがかり』

こたつがかりは多くの方がAV上でしか見た事のない幻級の体位ですが、やり方がわからないからまだ挑戦できていないという人も結構いると思います。

確かに48手もあればやり方がわからない体位がほとんどですよね。しかも季節限定ですからね。

 

そもそもこたつがかりって?

そもそもこたつがかりって?

こたつかがりはこたつの中で行う、冬限定とも言える体位で、正常位のバリエーションの中にこたつ隠れという体位があるけど、こたつ隠れよりも簡単に挿入できるのがこのこたつかがり。

 

こたつの中で行う、というシチュエーション意外はシンプルな背面座位。男性の上にまたがるように挿入し、そのままこたつの中で楽しむことができる体位ね♡

こたつかがりの状態で、こたつの高さという制約の中でイクことができる男性は少ないと思うので、早漏な男性と一緒に実践するといつもより長くセックスを楽しめます

▶︎こたつがかりでイチャイチャを楽しもう☜

 

こたつがかりポイント

  • 季節限定
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 正常位くらい簡単
  • イチャイチャしやすい
  • 男女共に感じられる
  • 体が温まる

こたつがかり注意点

①こたつの上は整理してから

火傷には注意が必要

当たり前ですが、こたつの上に物があるとセックス中に物が落ちてきた理するので、こたつの上は整理してからにしましょう。

こたつの上に水の入ったグラスなどを置いて、それが溢れたら一気に萎えます。

 

②火傷はしないように

こたつなので当然火傷をする可能性もゼロではないので、注意が必要です。最近のこたつは火傷しないように様々工夫をされて作られているので、滅多に火傷することはないと思いますが、油断は禁物です。

 

正直こたつの電源を入れなくてもこたつ隠れ中は体を動かすので自然と暖まります。ですので、リスク回避+熱くなりすぎない為に電源を消してからこたつ隠れをすると良いですね。

 

こたつがかりやり方

こたつがかりやり方

男性を背もたれに濃厚なスキンシップから始まるセックスは、女性にとって他の体位にはない充実感があります。それは男性の体に密着していることの安心感、幸福感、満足感

膣の奥深くまでペニスで埋め尽くされる挿入感、前後のピストンによって膣口を支点にペニスの先端が膣内をまさぐるように動く快感は膣全体で感じ取れます。

 

  1. たつの中で男性が足を伸ばす
  2. 背を向けた女性が男性にまたがって座位の姿勢になる
  3. 女性が少し腰を浮かせて、男性のペニスを挿入

 

女性が男性を迎え入れる準備ができたら、いよいよ挿入。膣が十分に濡れていれば、女性の自重で挿入は楽なはず。

女性が少し腰を浮かせて、男性のペニスを挿入すれば「こたつがかり」の姿勢になります。女性が前がかりになったり、男性が股を開けば深い挿入ができるでしょう。

 

テレビを見ながらイチャイチャする

こたつがかりはそもそもこたつがないとできない体位ですし、少し珍しいプレイでもあるので、皆さんが普段するようなキスや手マンの愛撫からこたつがかりをするのは、少し違和感があります。

こたつがかりでは お互いにこたつに入ってテレビや映画などを見ながらリラックスをするところから始まります。リラックスすることは女性がイクのにも大事な要素なので、緊張せずに一緒の時間を楽しみます。

 

男性目線のこたつがかり

男性目線のこたつがかり

男性目線のこたつかがりは女性と同じように新鮮な感覚になります。普段はできないようなイチャイチャができるので、男性もあなたの虜になってしまいます♡

 

また、男性はバックの体位が最も好きな人が多いので、
イチャイチャ+バックは男性からしたらたまらないです。

 

こたつがかりまとめ

こたつがかりまとめ

日本文化とセックスが融合した「こたつがかり」は、300年以上前の男女が編み出した愛の秘技。冬の寒さをよそに、こたつで交わされる熱いセックスは今も昔も変わりません。

こたつぶとんの下で交わされる絶好のシチュエーションをぜひ楽しんでみましょう。