首引き恋慕のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㉓

セックスの四十八手(48手)でもマニアックな方に人気度の高い『首引き恋慕(くびひきれんぼ)』

首引き恋慕はとてもマニアックな体位なので、ほとんどの方が「初めて聞いた」状態だと思います。AVなどでも滅多に出てこない体位ですからね。

 

逆にもしあなたがこの体位の存在を知っていたらなかなかです♡

もしからしたら首引き恋慕をやってみたいけど、正しいやり方がわからない人もいるかと思います。

首引き恋慕は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『首引き恋慕(くびひきれんぼ)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

首引き恋慕(くびひきれんぼ)とは

首引き恋慕(くびひきれんぼ)とは

首引き恋慕(くびひきれんぼ)は お互いの首をヒモでくくって対面座位を行う体位です

対面座位の姿勢で楽しむセックスは愛撫しやすかったり、男性も女性もピストンを主導することができて自由度と満足度が高いのが魅力的。

 

首引き恋慕はそんな対面座位にSM要素がプラスされています。

 

首引き恋慕(くびひきれんぼ)ポイント

  • 緊縛好きの人にはたまらない
  • 初心者でも楽しみやすい
  • SMを楽しめる
  • マンネリ化している人にオススメ
  • 男女共に感じられる

お互いの首を繋ぐ縄を引き合う様に動くと、 縄の感触と挿入の快感が同時味わえ、興奮します。SM好き、緊縛好きの人にはたまらない体位と言えるでしょう。

 

ヒモの輪の大きさには注意

首引き恋慕は首にヒモをかけるプレイですので、ヒモの輪が小さすぎると苦しくなります。首引き恋慕で使う ヒモの太さにも注意

 

ヒモが細すぎると、首にヒモが食い込んで痛みを感じてしまうこともあります。

適度な輪の大きさで結び目を作って首引き恋慕を楽しみましょう。

 

ベルトやネクタイでも応用可能

セックスするときにヒモを持参してくる人はなかなかいないと思います。ですので、ほとんどの方が首引き恋慕の体位をしたいとなった時に手元にヒモが無い状態だと思います。

でも大丈夫です。


ヒモの代わりベルトやネクタイでも首引き恋慕は可能です。ベルトだと少し首が痛くなってしまう可能性もあるので、オススメはネクタイ です。

 

首引き恋慕(くびひきれんぼ)やり方

首引き恋慕(くびひきれんぼ)やり方

首引き恋慕(くびひきれんぼ)は、まずは、男女が向き合って座り互いに足を開いた体勢で挿入します。

この時、お互いの首に縄をかけるのがこの体位のポイント。 お互いに、縄をひっぱり合うようにしながら、ピストン運動をすれば、首引き恋慕の完成です。

 

基本姿勢

  1. 男性が座り
  2. 女性が男性に向かい合う
  3. 男性にしゃがみこんで挿入
  4. 輪にしたヒモをお互いの首にかける
  5. お互いにヒモを引っ張り空いながらピストン

首引き恋慕の基本姿勢は対面座位と同じですね。
ヒモを使うことによって対面座位よりSM感を堪能する事ができます。

 

首引き恋慕(くびひきれんぼ)まとめ

首引き恋慕(くびひきれんぼ)まとめ

首引き恋慕で使うヒモは男女の距離を近づけるだけではありません。セックスをする上で、とても実用的な役割を果たします

 

それは男女が首を引き合ってヒモが張りつめる時、お互いの引き合う力がつり合います。男女がヒモを通して上半身を支え合っている状態になるので、二人の両手は自由に

その両手で手を取り合ったり、性感帯を刺激しあえば、よりディープなセックスが実現します。