窓の月(まどのつき)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㊱

セックスの四十八手(48手)でも人気度の高い『窓の月(まどのつき)』

窓の月はと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、”寝バックの横バージョン”のことを示します。

 

セックス中級者以上の方は何回か経験のある体位かもしれませんね。窓の月は男性が好きな体位ランキングでも常に上位にある体位です。M気質のある女性人気も高い体位です。

窓の月は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『窓の月(まどのつき)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

窓の月

窓の月(まどのつき)

この体位では男女が同じ方向を向いているため、ピストンするごとにGスポットに亀頭が当たるようになります。

しかもかなり奥まで挿入できるので、チンポを挿れてグリグリ押し付けられるだけでも女性はイクことがあります。

横になり体のほとんどが密着できるので、たっぷり愛情を実感できます。

 

窓の月ポイント

  • イチャイチャ
  • 初心者でも楽しみやすい
  • ピストンはしにくい
  • お互い気持ちい
  • Gスポットに当たる
  • 3点責めもされやすい

男女が同じ方向を見る窓の月は、目線の先に何があるかも大切な要素です。

なかなか窓の月を見ながらセックスができるロケーションは少ないはず。窓を開けようにも、セックスの声が漏れては恥ずかしいですし、外から見られる可能性もありますよね。

 

多少挿入が難しい

しっかり挿入するためには、なんと言っても腰の角度を合わせる事が重要です。

女性が横向きで足を開き、男性がそこに腰を入れる形でしっかりと組み合わさりましょう。男性が女性より少し下にずれると上手く挿入する事ができるはずです。

 

窓の月(まどのつき)のやり方

窓の月(まどのつき)のやり方

窓の月は側位の一つで、横向きに寝転んだ女性の後ろから男性が挿入すると言うセックスの事です。

女性は足をやや開き気味にし、そこに男性が片足を差し入れて、後下方向からペニスを膣に挿入します。

 

ベッド以外の場所で行う場合は、 男性の片手を女性の頭の下に敷いて腕枕にしてもらうと痛くありません

 

基本姿勢

  1. お互い立ち横になる
  2. 男性は女性の片足を軽く浮かせる
  3. 挿入。
  4. 緩急を付けたピストン

始めは挿入が難しいかもしれませんが、 正常位から女性が横向きになるようにすることで体位変換がスムーズにできます。

女性の脚の開き方で膣の圧力をコントロールすることもできますので、相手が早漏そうでしたら、足を開き気味にしてあげるといいでしょう。

 

男性目線の窓の月(まどのつき)

男性目線の窓の月(まどのつき)

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の窓の月は、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は3つあります。

 

男性が窓の月を好きな理由
  • ピストンが男性主導な為、イキそうになっても調節できる
  • 多くのバリエーションを楽しみやすい
  • 女性を支配できる
  • 挿入しているところが見れる
  • 乳首も同時に責めやすい
  • セックスうまいと思わせられる

なぜ男性に窓の月が人気があるかと言うと、早漏の人でも自分自身でイクタイミングを調節できるからなのです。 日本人の半数以上は早漏と言われていますからね。

男性も出来るだけ長くセックスを楽しみたいのです。

 

また、窓の月は普段控えめな男性でも、狼になりやすい体位なので、S属性の男性からしても大変人気のある体位です。

 

窓の月(まどのつき)まとめ

窓の月(まどのつき)まとめ

窓の月は男女が同じ方向に横寝になって挿入する側位の姿勢。

二人寝そべり、ゆっくりとピストンを行いながら、男性は女性の体を包み込むように愛撫しましょう。

 

そして女性の心を包み込むような愛の囁きで、 女性は男性に抱かれる悦びを実感できるでしょう。