乱れ牡丹のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル⑫

セックスの四十八手(48手)でもいやらしさ度の高い『乱れ牡丹』

乱れ牡丹は多くの方が経験したことのある体位かもしれませんが、逆にやり方がわからないからまだ挑戦できていないという人も結構いると思います。

 

確かに48手もあればやり方がわからない体位がほとんどですよね。

乱れ牡丹は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『乱れ牡丹のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

そもそも乱れ牡丹ってどんな体位?

そもそも乱れ牡丹ってどんな体位?

アクロバティックな体位や珍奇な体位が数多くある四十八手(48手)の中で、乱れ牡丹はいたってノーマルな体位の一つです

乱れ牡丹は背面位(バック)の中でも満足感、挿入感、密着感、ピストンのしやすさ、愛撫のしやすさ、ほかの体位への移行のしやすさ、どれをとってもトップクラス♡

 

しかも騎乗位☜のように女性がリードしてピストンをしたり、別の体位に誘導することもできる万能な体位です

座っている男性に背を向けながら、ゆっくり挿入。男性は座っているのでいつもより動きづらいので、あなたから積極的に動いてみてください。

ピストンに集中したい時は、彼の手を腰に添えてもらうと、支えになって動きやすいです♡

▶︎乱れ牡丹の魅力☜

 

乱れ牡丹ポイント

  • 満足感、挿入感、密着感、ピストンのしやすさがトップクラス
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 視覚的なエロさも満点
  • 羞恥プレイも可能
  • 男女共に感じられる
  • 3点責めもされやすい♡

男性が速くイッてしまう可能性がある

乱れ牡丹を女性主導で行う場合は、あまりに強い刺激によって男性が我慢できず射精してしまうことも。乱れ牡丹からほかの体位を多く楽しめるだけに、ここでセックスが終わってしまってはもったいない。

背後の男性の反応に注意して、ピストンにも強弱や緩急をつけて加減しましょう

 

乱れ牡丹のやり方

乱れ牡丹のやり方

『乱れ牡丹』は「座位」の一種で、座った男性の膝に、女性が背中を向ける形で乗っかると言うポーズで行うセックスの事です。

女性が男性の膝に乗る際に、大きく足を開かせて、後ろから挿入します。

 

動くときは女性が上下するのが一般的ですが、男性に下から突いてもらえば、さらに強い快感を得る事ができます。

 

基本姿勢

  1. 男性はベッドかソファーに座る
  2. 女性は背を向けてしゃがむ
  3. 男性はあぐらでも、伸ばしてもいい
  4. 女性は両ヒザをついても、足をついてM字開脚の状態でもOK。
  5. 男性に体を預け、ピストン開始

 

男性に体を預け、包まれている自分の姿はとても無防備。

乳房やクリトリスをなすがままに愛撫されながら、男性と一つになった姿は官能的に見えるはず。うなだれた自分の髪の毛でさえセクシーに見えるでしょう。

 

厳しいピストンでペニスが抜ける

乱れ牡丹は女性主導でピストンを行う体位なので、女性のピストンが激しいとペニスがスポンッと抜けてしまう可能性があるので相手が短小の場合は注意が必要です。

もし乱れ牡丹にペニスが抜けたらお互い気まずくなります笑

 

男性目線の乱れ牡丹

男性目線の乱れ牡丹

男性目線の乱れ牡丹は、女性主導でピストンをされるので射精を我慢できず、思わず発射してしまう可能性のある体位です。

また、 バックは男性の好きな体位ランキングで常にトップにある体位なので、積極的に取り組むべき体位です。

 

乱れ牡丹まとめ

乱れ牡丹まとめ

乱れ牡丹は背面座位で行う高難度のピストンを伴う体位。

通常のピストン運動に左右にねじるような回転運動を加えれば、立体的なピストン運動が可能です。

 

女性は膣壁全体をペニスがまさぐるような感覚とGスポットや裏Gスポット、ポルチオなどの性感帯を不規則に刺激でき、 男性はピストンで感じることができる快感とは思えない、ペニス全体を撫で回すような複雑な快感を得られます。