モテる男が使う悪用厳禁な恋愛心理学5選【最新版】

「女性の友達は多いのですが、なかなか恋愛にまで発展しません。モテる男の人はどのようにして女性からモテているのですか?使えそうな心理学も教えてください」

今回はこんな質問に答えていきたいと思います。

モテる人とそうでない人

モテる人とそうでない人

早速ですが、
・イケメンなのにモテない人
・イケメンじゃないのにモテる人

の違いって考えたことありますか?

私の友人にもイケメンとは程遠いのになぜか常に彼女がいてモテる人がいます。逆にイケメンなのに彼女がいない人もたくさんいると思いますが、その違いは女性にモテる為の恋愛心理学を使っているかいないかの違いだったりします。

 

女性の場合は特に本能レベルによっていつの間にか男性のことを好きになることが多いので、”顔よりも中身”が重視されます。

 

子孫繁栄に優秀な人を求めている

そもそもなぜ人は恋愛をするのかという部分ですら実は、”自分と血の繋がった子供が可能な限り後世に増えていって欲しい”という人間の本能によるだったりします。

女性の場合は男性と違って自分のカラダにリスクを負って子孫繁栄をしていくので、なるべく少ない回数で優秀な子孫を作っていきたいと本能的に考えます。

つまり何が言いたいかというと、女性にモテるためには優秀な遺伝子の提供者だと本能的に感じて貰えばいいのです。

 

 

優秀な遺伝子の基準

1. 安定性(長生き遺伝子,病気に強い遺伝子)

つまり見た目的に健康体かどうか。

 

見た目NG

・ニキビや肌荒れ=免疫力がない
・太ってる痩せてるはNG。
 ゴリゴリのマッチョは燃費悪い。

肌を綺麗にして、ちょっと筋肉ついてるレベルを目指す
 

2.多産性があるかどうか

モテる人間かどうか。
モテる=子孫繁栄能力が優れていると本能が感じる。

➡︎女性の主観でモテそうだなと思わせることが大事。

 

モテる男性はこれができているだけ

上記で説明した女性の本能さえ知っておけば、モテることなんて容易になります。

女性からモテたいのであれば、まずは肌を綺麗に清潔に保ちつつ、平均より少し上くらいの筋肉をつけましょう。

肌荒れ改善

私はアクアモイスを使ってから肌荒れが改善し、
ツルツルになりました。

 

モテる男性が使う心理学5選

モテる男性が使う心理学5選

上記では女性からモテるためには多産性が必要不可欠で多産性をアピールするためには、実際にモテてなくても「この人モテるだろうな」と思ってもらうことが大事だと説明しました。

「じゃどうやってモテてるアピールすんねん」と思う方もいると思いますが、そんな時に使えるのが恋愛心理学です。

これから一撃必殺恋愛心理学5選をご紹介していくので、それらを使ってみてください。コワイほどモテます。

 

ツァイガルニク効果

これはプロのマーケッターやテレビ局なども使っているタクニックで、「完了していないことを頭の中で考えちゃうという心理学」で、ついつい自分のことを気になって貰えちゃうテクニックです。

例えば、大きな仕事をやり残したまま休日を迎えた時に、ふとした瞬間に「あ〜明後日出勤したら片付けないといけないこといっぱいあるな〜」みたいに考えちゃいますよね。

この心理学を使うことで
女性からモテることができます。

 

具体的にどうやるかというと”相手が気になる話の時に返事を敢えて遅らせる”です。

「〇〇って好きな人いないんだっけ?」とか
「〇〇って今彼氏いるんだっけ?」みたいな

脈アリを想像させるような質問したら

「いるよ!〇〇(あなた)はどうなの?」のように質問の意図を探るような質問が帰ってくると思いますが、
その時にいつもの5倍くらい返信を遅くしてみたり、
「今は言えないけど、今度教えるよ」みたいに答えたりするのです。

女性からすると、その答えがめちゃくちゃ気になってしまって「早く返信来ないかな〜」「まだ既読つかないな〜」みたいな心境になります。

これによってザイオンス効果という心理学が抜群に発揮されるます。

 

ザイオンス効果

ある特定の人物の事を考える時間が多くなればなるほど、無意識にその人のことが気になってしまう心理学

 

まさにいつの間にか「好きになっていた」現象を作り出すことができちゃいます。

 

特別感

関係値が低すぎない限りは特別扱いしてあげるのが最もモテる為の最短ルートとも言えます。

それくらい女性は特別扱いされるのには
めっぽう弱いのです。

例えば荷物を持ってあげたり、LINEで電話を掛けた際に
「〇〇さんだけにしかやらないよ」みたいな感じで、
ちゃっかり特別感をアピールするのもいいですね。

 

タッチング

タッチング

タッチングとはそのままの意味でボディータッチのことを示します。タッチングに関しては恋愛心理学に関する書籍のほとんどが触れていますが、それだけモテる効果が発揮されます。

 

こんな実験もあるよ!

教授の助手がナンパ師となり、道行く女性たちに、手あたり次第、電話番号を聞きました。その数240名。

そのうちの120名には、体には一切触れず声をかけて電話番号を聞く作戦。トーク力が勝負です。

もう半分の120名には、1秒間だけ女性の腕に軽く触れて、電話番号を聞きました。タッチングですね。

結果は、
体に触れなかった女性たちからは10%(12人)しか電話番号を聞き出せませんでしたが、
ボディタッチをした女性たちの19.2%(23人)から電話番号を聞き出せたのです。

最初はさりげなく肩や手に触ってみましょう。

 

ゲインロス効果

良い意味でギャップを作ると恋愛でも効果的です。

例えば、普段カジュアルな恰好しかしない人がデートの時だけはフォーマルな格好で決めてくるなどです。

逆に凄くしっかりしてそうな人がポイ捨てをするのはマイナスの効果しかないので注意してください。プラスのギャップを演出すると相手はドキっとするので、片思いしてる子などに再評価してもらうきっかけが作れます。

 

ランチョテクニック

素敵な空間で美味しい食事をすると相手は話を受け入れやすくなります。

ポイントは素敵で美味しいことが重要で、どちらかが欠けてもマイナス要素になるので注意しましょう。

初デートをするなら、
素敵な空間で美味しい食事に誘って次のデートの交渉を気になる彼女とすると効果的です。

 

まずは練習

まずは練習

今回ご紹介した恋愛心理学をいきなり本命の人に対して使ってみるのは少し勇気がいりますよね。

私自身もそうだったのでよくわかります。

私の場合はまず最初にマッチングアプリを使って「どうせもう会わないから失敗しても問題ない」思考で、色んな女性で練習しました。

 

 

例えば、ハッピーメール!(18禁)ならセックス目的で使ってる女性も多いので、恋愛心理学を実際に使いながらもセックスもし放題なので一石二鳥です笑