椋鳥(むくどり)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㉕

セックスの四十八手(48手)でも人気度の高い『椋鳥(むくどり)』

椋鳥(むくどり)はいわゆる”所謂シックスナイン”です。

椋鳥は聞き覚えの無い方が多いかもしれませんが、シックスナインは多くの方が経験したことのある体位かもしれませんね。

 

椋鳥は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『椋鳥(むくどり)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

椋鳥(むくどり)とは

椋鳥(むくどり)とは

椋鳥は女性が仰向けになり、男性が女性の体と逆方向に覆いかぶさるようになることで、お互いの性器を愛撫しあういわゆるシックスナインの姿勢 です。

何より1番の醍醐味は男女が一緒に興奮できると言う事です。

 

一緒にフェラやクンニを行う事で、刺激や興奮が倍増し、その後のセックスがより盛り上がります。

 

椋鳥ポイント

  • 男女が一緒に興奮できる
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 女性が下で男性が上から
  • シックスナインの1種
  • 最高の前戯
  • 王道の体位

椋鳥がどれだけ上手くできたかによって、その後のセックスを盛り上がりが変わるでしょう。

 

ただ、椋鳥を上手く行うというのは、テクニック的な物もありますが、 大事なのはスムーズに椋鳥まで行い、椋鳥から自然な流れで別の体位に移行することです。

 

椋鳥のやり方

椋鳥のやり方

椋鳥は女性が仰向けになります。足のヒザは少し曲げて、足を少し開きます。

男性は女性の口の位置に、ペニスの付け根あたりが来るようにまたがります。そのまま体を前に倒し、 女性の開いた足の間に顔を埋めるようにすれば椋鳥の姿勢になります。

 

基本姿勢

  1. 女性が仰向けに
  2. その上に男性が覆いかぶさる
  3. 男性と女性の顔の位置を逆に
  4. お互い性感帯を優しく奉仕する

 

男性は女性の上に乗るといっても、すべての体重を預けては女性が愛撫できませんし、重苦しいだけです。 男性は四つん這いの姿勢になると、女性の顔とペニスの距離が保たれて女性が愛撫しやすくなります。

 

女性は必ずペニスをフェラしないといけないわけではありません。
ペニスを愛撫できればOKです。

 

注意点

椋鳥に限らず、セックスをする前段階としてご自身のデリケートゾーンの処理は必要不可欠です。女性は残尿やオリモノでデリケートゾーンが不衛生になりがち。

椋鳥に至っては男性は膣に直接鼻をつけるほど密着させるので、特にケアしておく必要があります。男性は結構匂いに敏感だったりするので、少しの臭いで一気に萎えてしまう可能性もあります。日頃の膣ケア、臭いケアは欠かせません。

 

デリケートゾーンの黒ずみも対策しておきたいところ。

実際には清潔にしているのに、 黒ずみがあるとどうしても不潔に見えてしまいます薄色のきれいなデリケートゾーンなら、男性も愛でるように積極的な愛撫をしてくれるでしょう。

▶︎椋鳥の注意点☜

 

椋鳥まとめ

椋鳥まとめ

男性が女性の上になって行うシックスナインの姿勢が椋鳥です。女性上位のシックスナインの姿勢である二つ巴に比べて、女性はペニスを愛撫しにくいかもしれません。

 

椋鳥ではフェラチオをするよりも、ペニスの裏側や玉袋を口で愛撫する方が賢明かもしれません。