押し車(おしぐるま)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㊶

セックスの四十八手(48手)でも難易度の高い『押し車(おしぐるま)』

押し車はと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、組み体操のように男性が女性の両足を持ち、その状態のまま挿入をするといった体位です。

 

押し車は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『押し車(おしぐるま)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

押し車(おしぐるま)

押し車(おしぐるま)

48手の押し車もまさに、女性の両足を持って男性が練り歩く体位。男女ともにかなりの筋力と体力が必要で、快感どころではないのかも。

挿入しながら男女が移動するのでピストンはしません。押し車は男女が繋がったまま、移動するときに使う体位。 快感を求めるために行うものではありません

 

普段使わない多くの筋肉を使う体位なので、ダイエットにも最適です。

 

押し車(おしぐるま)ポイント

  • 上級者向け
  • アクロバティック
  • ピストンしない
  • ダイエットに最適
  • セックス では一番大事
  • お互いの愛が深まる

押し車は他の体位に比べて強い快感を得られるものではありません。

アクロバティックな動きを楽しむための体位ですので、無理にやってみようと思わなくても良いと思います。

 

この体位はダイエット目的で行われる場合が多いので、正月や長期休みなどで、脂肪がたくさんついて痩せたいなと思っている時に良いかもしれませんね。

 

手が滑ると顔面強打

男性は手が滑って女性の足を離してしまうと、女性のヒザが床に打ち付けられてしまい強打します。

男性は足で歩きますが、女性は手で歩きます。歩くスピードが速すぎると、女性の手が追いつかなくなり、女性は顔を床に打ち付けてしまいます。性のペースに合わせて進んでもらいましょう。

 

押し車(おしぐるま)のやり方

押し車(おしぐるま)やり方

まずは、女性が四つん這いになり、男性がその後ろに立ちます。女性が片足ずつ足を伸ばし、それを男性が支えます。

ちょうど 手押し車』と呼ばれる体勢になる感じです。そのまま男性が女性の膣口をペニスに近づけて挿入します。

 

基本姿勢

  1. 女性は四つん這い
  2. 男性はその後ろから女性の両足を持つ
  3. 手押し車の完成
  4. そのまま挿入。
  5. ピストンはせずに、前方にすすむ

押し車は挿入してからピストンはしないという珍しい体位です。

短距離の移動であってもペニスを挿入したままでいたい男女の願いを叶える方法が押し車。無理にピストンをせず、ゆっくり歩いて目的の場所まで移動しましょう。

 

男性目線の押し車(おしぐるま)

男性目線の押し車(おしぐるま)

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の押し車は、特にやらなくてもいいかなという体位です。と言うのも理由は3つあります。

理由
  • 難しい上に疲れる
  • 挿入感はあるけど、ピストンないからつまらない
  • 他の気持ちい体位がいい

男性目線の押し車は結構不人気です。難しい上に疲れる体位ですからね。押し車をやるならもっと他の気持ちのいい体位をやりたい。それが本音ですね。

男性が押し車をしたいとなるタイミングは”男性がイッて回復待ち”の時です。

 

押し車(おしぐるま)まとめ

押し車(おしぐるま)まとめ

押し車は男女ともに姿勢の維持でとても大変。ピストンもできないし、 セックスの体位として快感を求めるのも、愛撫も諦めましょう

 

押し車は、ダイエットをしたい時、男性がイッて回復待ちのタイミングで行うようにしましょう。