理非知らず(りひしらず)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㉜

セックスの四十八手(48手)でもSM好きに人気の『理非知らず(りひしらず)』

理非知らずはと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、SM体位の一種です。
多くの方はAVなどで一度は見た事がある体位かもしれませんね。

 

理非知らずは大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『理非知らず(りひしらず)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

理非知らず(りひしらず)

理非知らず(りひしらず)

理非知らずは、女性の手足を縛って行うセックスで、現代的に言えば「ソフトSMプレイ」です。

江戸時代に考案されたのですが、そう考えると、人間のエロへの追求心は今も昔も変わらないと言えそうですね。

理非知らずは緊縛プレイと言っても、セックスの初心者でも簡単に楽しめるソフトなものなので、幅広い方に人気のあるSM体位です

理非知らず(りひしらず)ポイント

  • 男が主導権を握る
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 激しいセックスが可能
  • ピストンもされやすい
  • 男女共に感じられる
  • ソフトSMプレイ
  • 奥まで当たる♡
  • 3点責めもされやすい

この体位を同じ相手に何度もすると飽きられてしまう可能性もあるので、セックスレスにならないようにバリュエーションは豊富にしておきましょう。

普段はM気の男性でも、狼男になってしまうのが知らずです♡

▶︎48手のなかでいちばん奥にあたる体位:理非知らず☜

きつく締めると痛い

当然ですが、理非知らずは縄で手足を縛る体位なので、あまりキツく締めてしまうと縄が食い込んで普通に痛いです。

また、縄の痛みには我慢できても、多少なりとも手足のしびれ、などでセックスに集中できなくなってしまうので、縛るきつさの目安は、縛った縄に指が通せる程度が理想的です

縛り方も固結びではなく、蝶結びなど縄を解きやすい方法を選びましょう。

理非知らず(りひしらず)のやり方

理非知らず(りひしらず)のやり方

理非知らずのやり方は簡単です。女性は体育座りになり、手首と足首を縛られます。 手は後ろ手に縛っても良いですし、前で縛っても良いでしょう

 

縛った足は、挿入の時に少し扱いが難しいですが、ちょっとがに股になるように開き、男性が抱え込めば上手く挿入する事ができるでしょう。

 

基本姿勢

  1. 女性は体育座り
  2. 優しく手足(太もも付近を)縄でを縛る
  3. 縛られながらも少し股を開く
  4. 挿入。→ピストン
  5. 手を後ろで縛る事で、体を支えられるようになる

 

女性は自由を奪われるので、普段とは違う感覚になります。自由を奪われた状態での挿入の快感は経験者しか分からないものですが、経験した人はみんなMになるくらい最高なものです♡

女性からしたら身を任せるだけですからね、「どうやって気持ち良くなってもらおうかな」と余計なことを考えなくてすみます。

 

男性目線の理非知らず

男性目線の理非知らず

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の理非知らずは、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は6つあります。

 

男性が理非知らずはを好きな理由
  • ピストンが男性主導な為、イキそうになっても調節できる
  • 多くのバリエーションを楽しみやすい
  • 女性を支配できる
  • 普段弱気でもSを楽しめる
  • 同時に乳首も責める事ができる
  • 深い挿入間

なぜ男性に理非知らずが人気があるかと言うと、早漏の人でも自分自身でイクタイミングを調節できるからなのです。 日本人の半数以上は早漏と言われていますからね。

男性も出来るだけ長くセックスを楽しみたいのです。

また、普段控えめな男性でも、狼になりやすい体位なので、S属性の男性からしても大変人気のある体位です。

 

理非知らず(りひしらず)まとめ

理非知らず(りひしらず)まとめ

理非知らずは縄を使った緊縛プレイで楽しむ、ソフトSM的な要素がある正常位です。

お互いセックスに対してノーマルだと思っていても、理非知らずをやってみると知らなかった自分と相手の性癖が浮き彫りになるかも

 

48手にはマンネリ打破となるヒントがたくさんありますが、その中でも理非知らずは普段と違うセックスを演出してくれるに違いありません。