時雨茶臼(しぐれちゃうす)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㉝

セックスの四十八手(48手)でも人気度の高い『時雨茶臼(しぐれちゃうす)』

時雨茶臼はと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、族に言う”騎乗位”です。騎乗位はセックス経験者ならほぼ100%の経験したことのある体位かと思います。

 

時雨茶臼はセックス の基礎とも言える体位Gなので、詳しく知っておく必要があるかもしれませんね。

時雨茶臼は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『時雨茶臼(しぐれちゃうす)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

時雨茶臼(しぐれちゃうす)

時雨茶臼(しぐれちゃうす)

時雨茶臼 (しぐれちゃうす)は最も一般的な対面騎乗位ので、仰向けに寝転んだ男性のペニスの上に、女性がしゃがみこむ形で挿入する体位です。

 

時雨茶臼(しぐれちゃうす)ポイント

  • 男が主導権を握る
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 激しいセックスが可能
  • ピストンもされやすい
  • 男女共に感じられる
  • ワンパターンになりがち
  • 3点責めしやすい、されやすい

セックス の王道パターンなので、同じ相手に何度もこの体位をしてしまうと、 セックスレスに繋がってしまう可能性もあるので、バリュエーションは豊富にしておきましょう。

 

男性だと騎乗位ですぐにイってしまう可能性あり

時雨茶臼の姿勢では男性は自分の意思で快感をコントロールできなくなるので、思わず射精してしまうことも。

女性のセクシーな体を見ながら挿入することは 男性にとって刺激がかなり強いので、すぐにイってしまう可能性があります。

 

セックスにあまり慣れていない男性相手に騎乗位をすると、超短時間プレイになることもあるかもしれませんね。

 

時雨茶臼(しぐれちゃうす)のやり方

時雨茶臼(しぐれちゃうす)のやり方

時雨茶臼のやり方はとても簡単です。仰向けに寝転んだ男性のペニスの上に、女性がしゃがみこむ形で挿入します。

挿入ができたら、女性はお尻を上下に動かしてピストン運動を行いましょう。 膣をぎゅっと締め付けるようにすると、男性の快感が高まります。

 

基本姿勢

  1. 男性は仰向け
  2. やや膝を立てる
  3. 女性は男性を跨り、しゃがむ
  4. 素股でスリスリ
  5. 挿入。(女性から入れてあげるとスムーズ)
  6. 男性の膝を持つってピストン開始

時雨茶臼は男女どちらからも責めやすい体位なので、 女性側も積極的に腰を動かしてあげましょう。

この時に上下のピストン運動だけでなく、腰を左右に動かしてあげると、より気持ちのいいセックスをお互いに楽しむ事ができます。

 

男性目線の時雨茶臼(しぐれちゃうす)

男性目線の時雨茶臼(しぐれちゃうす)

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の時雨茶臼は、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は6つあります。

 

男性が時雨茶臼を好きな理由
  • 簡単。特にテクニックを必要としない
  • 多くのバリエーションを楽しみやすい
  • 自分主導でピストンをすれば、ある程度イクタイミングを調節できる
  • 3点責めしやすい
  • 女性が感じているとこを見れる
  • 他の体位に移行しやすい

男性の中には時雨茶臼はあまりやりたくない。という人もいます。

そう言う男性は時雨茶臼は女性主導でピストンや腰を動かす場合が多く、自分自身でイクタイムミングを調節しにくいため、早漏の男性からすると、「早くイッてしまいそうで、怖い」 と思っている人もいます。

 

それくらい、男性にも快感を与える事ができます。

 

時雨茶臼(しぐれちゃうす)まとめ

時雨茶臼(しぐれちゃうす)まとめ

何よりも時雨茶臼の醍醐味は、 快感で悦ぶ顔を眺めること。優越感と征服感が幸福感、満足感につながり、それらすべてが快感に感じるでしょう。

 

男性的に腰を動かして、お互いに快感を追求するのもよし。結合部をあえて見せて羞恥心を悦楽に変えて浸るのもよし。主導権は女性にあります。 思いのままに時雨茶臼を楽しみましょう。

また、男性の中には時雨茶臼の快感に耐えられず、すぐにイッてしまう可能性もあるという説明もしましたね。

もし、あなたにS気があるのなら、どんどんイかせちゃいましょう!