撞木ぞり(しゅもくぞり)やり方を徹底解説!四十八手マニュアル㊼

セックスの四十八手(48手)でも椅子選びが重要な『撞木ぞり(しゅもくぞり)』

撞木ぞり(しゅもくぞり)はセックス48手の中でもなかなかハードルが高い上級者向けの体位になります。

 

騎乗位の1種で、仰向けになった男性の上に女性で背中を向けてまたがって行うプレイです。騎乗位でも背面騎乗位に近い体位です。

撞木ぞりは大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『手懸けのやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

撞木ぞり(しゅもくぞり)の説明

撞木ぞり(しゅもくぞり)の説明

撞木ぞり (しゅもくぞり)は女性がのけぞるような体勢になるので、行うのがやや難しい体位ですが、体位が完成した時の不思議な快感は何にも代え難いものがあります。

 

正常位とも後背位とも違った場所をペニスで刺激する事ができるので、女性は今までにない快感を味わえるはずです。

 

撞木ぞりポイント

  • 上級者向け
  • バック
  • 背面座位
  • M字開脚
  • 男女共に感じられる

一見、女性が上になって女性に負担がかかるような体勢かと思いきや、ある程度男性にもたれかかるように身体を預けることも可能です。

 

身体を傾ける角度によって、挿入の感覚や快感も違ってくるので、とても興味深い体位でもあります。

 

顔面が衝突する可能性がある

女性が上半身の体重を支えきれなくなり、姿勢を崩すと女性の後頭部が男性の顔面と衝突する恐れがあります。

 

また女性の髪が長いと、髪が男性の顔にかかるため目が開けられなくなってしまい危険です。ヘアゴムで髪を束ねるか、さらに背中を反らせて男性の顔の横に自分の頭を置きましょう。

 

撞木ぞりのやり方

まず男性が仰向けに寝転びます。勃起したペニスの上に女性が腰を下ろす様にして挿入しましょう。

 

女性は男性の足の方向を前にして座ります。しっかり挿入できたら、女性が男性の頭の方向に身体をそらせていきます。ちょうどブリッヂをするような体勢です。

 

基本姿勢

  1. 男性は仰向けに寝転ぶ
  2. 女性が腰を下ろす
  3. 挿入
  4. カラダをそらす
  5. 女性が気持ちよいところまで身体をそらせたら、男性が下から突き上げる

この体位の見た目のエロさは男性にとってもかなりの刺激になります。

ピストン運動にあわせて揺れる女性の肉体と結合部分が丸見えになりますので、鏡やカメラに映して楽しむのがオススメです。

 

男性目線の撞木ぞり

男性目線の寄り添い(よりそい)

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の撞木ぞり は、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は5つあります。

 

男性が撞木ぞりを好きな理由
  • お互いの愛を感じられる
  • 男性はイチャイチャが大好き
  • 肌と肌がくっついているだけで幸せに感じる
  • AVでよく見える
  • 気持ちい

意外かもしれませんが、 男性って結構イチャイチャするのが大好きな生き物です。しかも寄り添いの場合肌と肌がくっ付いてイチャイチャするので、それだけでも男性は物凄く幸せに感じてくれます。

 

男性の中にはコミュニケーションが苦手で、うまくイチャイチャできないという方もいますので、そういう方が相手だった場合はあなたから積極的にアプローチをしてあげるようにしましょう。

 

撞木ぞり(しゅもくぞり)まとめ

手懸けまとめ

撞木ぞりはいきなり挿入すると戸惑うことが多くあります。

しかし、少しずつ体位を変えながら撞木ぞりに近づけていくことでスムーズに挿入することができますし、女性に新しい体位での違和感を与えることなく楽しむことできます。