獅子舞(ししまい)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㊵

セックスの四十八手(48手)でも難易度の高い『獅子舞(ししまい)』

獅子舞はと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、両足を男性の方に載せて行う対面座位のことを示します。セックス の最中に経験したことのある人は少ない体位かもしれませんね。

 

獅子舞は深い挿入を楽しめる体位なので、中イキできなかった女性もイケるようになります

獅子舞は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『獅子舞(ししまい)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

獅子舞(ししまい)

獅子舞(ししまい)

獅子舞は対面座位のバリエーションの一つで、別名『狂ひ獅子(くるいじし)』とも言われています。

男性の動きによって揺れる女性の髪の毛が、獅子舞のたてがみのように見えるダイナミックな体位です。

 

動きづらく挿入感もイマイチな体位ですが、 この体位を完成させることができれば、セックス上級者です。

 

獅子舞(ししまい)ポイント

  • 男が主導権を握る
  • 上級者向け
  • 正常位からの移行が基本
  • ピストンもされやすい
  • 男女共に感じられる
  • 高い締め付け感を与えられる
  • 通常より深い挿入感

獅子舞は足をあげてバランスをとりながらのセックスですので、 特に女性の身体の柔らかさが求められます。身体がかたくて出来なかった人も多いです。

▶︎獅子舞@ラブコスメ☜

 

バランスを崩しやすい

獅子舞は48手の中でもバランスの崩しやすい体位 の一つです。

女性は自分の上半身を両手で支えつつバランスを取る必要があります。そのため、両手のバランスを崩すと後ろに倒れ込んでしまい、ベッドフレームに頭を打ち付けてしまう危険があります。

 

獅子舞でのピストンは女性の体が上下に揺さぶられるので、女性はバランスを崩しそうになったり、腕が疲れてきたら体位を変えましょう。

 

獅子舞(ししまい)のやり方

獅子舞(ししまい)のやり方

男性と女性が座って向き合った状態での挿入法です。対面で挿入を果たしたら、女性が足を高くあげて、男性の肩に乗せるのがポイントです。

 

基本姿勢

  1. 男女ともに向き合って座位
  2. 女性の両足を男性の肩の上に乗せ、女性の手は床に置きます。
  3. 男性は手で女性の体を支えペニスを膣に挿入
  4. 乳首なども同時に責めてもらう

女性が足を高くあげる事で、膣内がぎゅっと狭くなり、ペニスを心地よく締め付ける事ができます。

 

女性が足を閉じれば閉じる程膣の締め付け感が強くなりますので、 女性は男性が気持ち良くなるように調節してあげると満足感の高いセックスができるでしょう。

 

男性目線の獅子舞(ししまい)

男性目線の獅子舞(ししまい)

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の獅子舞は、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は6つあります。

 

男性が獅子舞を好きな理由
  • ピストンが男性主導な為、イキそうになっても調節できる
  • 多くのバリエーションを楽しみやすい
  • 女性を支配できる
  • 挿入しているところが見れる
  • 乳首も同時に責めやすい
  • セックスうまいと思わせられる

なぜ男性に獅子舞が人気があるかと言うと、早漏の人でも自分自身でイクタイミングを調節できるからなのです。 日本人の半数以上は早漏と言われていますからね。

 

男性も出来るだけ長くセックスを楽しみたいのです。

また、獅子舞は普段控えめな男性でも、狼になりやすい体位なので、S属性の男性からしても大変人気のある体位です。

 

獅子舞(ししまい)まとめ

獅子舞(ししまい)まとめ

何度も言いますが、獅子舞は上級者向けの体位です。セックスの上級者は激しいピストンだけを楽しむのではなく、視覚的なエロスや体の密着度、挿入の深さや角度など、動かずして感じるエロスも楽しむもの。

獅子舞はほかの体位にはないセックスの楽しみ方がある独特の体位です。