正常位系体位8つを紹介!四十八手マニュアル後半

正常位系体位8つを紹介!四十八手マニュアル後半

前回は正常位系体位8つのうち4つをご紹介しました。
今回も引き続き正常位系体位の残りの4つの四十八手をご紹介します。

 

前回の『正常位系体位8つを紹介!四十八手マニュアル前半』を見ていない人は、まずは前半から見てね。なんで48なのかと言う部分も紹介しています。

▶︎正常位系体位8つを紹介!四十八手マニュアル前半

 

しがらみ

しがらみ 四十八手

『正常位系体位8つを紹介!四十八手マニュアル後半』でまず最初に紹介するのが、しがらみ。

しがらみをする時は正常位の形から、女性が足をまっすぐ伸ばした状態に。正常位で挿入した後に、足をまっすぐに組み替えるのがスムーズ。

 

足をまっすぐ伸ばすことで足に力が入りやすくなり、女性側は中イキしやすくなります。そして男性の方も、開脚時よりも膣がグッと閉まるので快感を感じやすくなります。

 

逆に早漏すぎる男性には刺激が強すぎるかもしれないですね。

密着することでクリトリスも刺激されるので、女性側も気持ちよさを感じやすい体位。

 

完全に男性に覆いかぶさらられることになるので、胸やお腹などのコンプレックスも隠せるのも女子には嬉しいポイントです。

▶︎しがらみのやり方を徹底解説!☜

 

締め小股

締め小股 四十八手

足をまっすぐ伸ばした状態から挿入し、女性は太ももにグッと力を込めて、さらに膣圧を高め、男性を気持ちよくするテクニックが締め小股。

 

膣を締める、という感覚がよくわからない人は、バイブやディルドでもセルフプレジャーの際に締め小股をしてみると膣トレになります。女性もよりイキやすくなるのでオススメ。

 

正常位系の四十八手の中では、この体位も胸やお腹などのコンプレックスも隠せるのも女子には嬉しいポイントです。

▶︎しめ小股のやり方を徹底解説!☜

 

達磨(だるま)返し

達磨返し 四十八手

達磨返しはふとももからふくらはぎを折りたたむように、正座の姿勢をヒモでしばり、そのまま深山のように足をぐっと上にあげて行うのがだるま返し。

 

正常位から足をしばられる快感はMっ気のある女性にはたまらないかも?

足の自由が効かないことで、支配されているかのような背徳感を感じることができます。

 

縄であらかじめ輪を作っておき、曲げた両ヒザにかぶせて縛ればスムーズ

縄で女性の両ヒザが縛れたら、男性は女性の両足を持ち上げて女性の体を折りたたむようにして、挿入。

 

女性はダルマのように体を丸めるので右や左に体が倒れてしまうのを防ぐため、両手を左右に広げて姿勢をキープです。

▶︎達磨返しのやり方を徹底解説!☜

 

テコかがり

てこかがり アダルト屋

てこかがりはお互いがお互いの足の方を向く、いわゆるシックスナインの体勢のまま挿入するちょっと上級者向けの体位。挿入がちょっと難しいです。

 

お腹側への刺激もしやすいので、手マンでのGスポットへの刺激が好きな女性にはたまらない体位かもしれないですね♡

 

男性上位のシックスナインのポーズになり、お互いの性器をたんねんに愛撫しあい、フェラチオやイラマチオも行って勃起力を高めておくと、『テコかがり』に耐えうる強度をペニスに与える事ができるでしょう。

 

『テコかがり』を楽しんだら、最後は深く挿入できる体位になりましょう。

▶︎テコがかりのやり方を徹底解説!☜

 

まずは松葉くずしで快感に慣れよう♡

まずは松葉くずしで快感に慣れよう

四十八手を試していきたい初心者の登竜門としては、正常位から気軽に対位替えでき、女性も男性も満足しやすい松葉くずしがおすすめ。
 
これからセックスをもっと楽しんでいきたい、という人はぜひ積極的に取り入れてみてください。
四十八手もあると思うと、毎日のカレとのセックスがもっと楽しみになっちゃいます。

▶︎足フェチにオススメの『テコがかり』