宝船(たからぶね)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㊴

セックスの四十八手(48手)でもメニアックな人に人気度の高い『宝船(たからぶね)』

宝船はと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、宝船はペニスを膣の気持ちの良い箇所に当てる事ができるので、さらなる快感を得たいという方におすすめの体位です。

 

宝船は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『宝船(たからぶね)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

宝船(たからぶね)

宝船(たからぶね)

宝船は騎乗位の一種ですが、その姿勢はちょっと複雑です。

男性に対して横向きになって、男性の片足を手で抱え持つという変わった姿勢ですが、そこから生み出される効果は女性にとって嬉しいものばかり。

 

女性は男性の太ももにクリトリスを擦り付けるイメージでピストンをすれば、外イキと中イキの両方にチャレンジできます。

 

宝船(たからぶね)ポイント

  • 女性主導
  • 外イキと中イキができる
  • 騎乗位の一種
  • 中級者向け
  • ピストンはしにくい
  • 様々な体位に移行しやすい

宝船は足の置く位置や曲げ方を工夫しなければピストンがしにくいです 姿勢が複雑なだけに自分が一番動きやすいピストンができる姿勢を探すところから宝船は始まります。

 

ペニスが抜けやすい

宝船はペニスが抜けやすい体位です。

上手に行うには、しっかりと膣とペニスを組み合わせて深く挿入する事が必要です。変な角度で挿入を繰り返すと、男性も女性も痛みを感じて、最悪萎えてしまう事もありますので注意しましょう。

 

宝船(たからぶね)のやり方

宝船(たからぶね)のやり方

この体位は騎上位の一つなので、まず男性が仰向けに寝転びます。そこに女性が足を交差するようにして、横向きに乗ります。

この時、ペニスを自分の膣の中に導き入れましょう。

 

挿入が完了したら、男性の片足を持ち上げて、掴まります。バランスを保ちながらピストンをしましょう。

 

基本姿勢

  1. 男性は仰向け
  2. 女性は足を交差するようにして横向きに乗る
  3. 挿入。(女性が自分で入れるとスムーズ)
  4. 男性の片足を持ちピストン開始

女性主導の体位ですが、挿入が浅い場合などには男性が下から腰をずらしたりしてあげるとさらにお互い気持ちよくなれます。

 

男性目線の宝船(たからぶね)

男性目線の宝船(たからぶね)

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の宝船は、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は4つあります。

 

男性が寄り添いを好きな理由
  • 足の開放感がまた気持ちい
  • M気質にはたまらない
  • 肌と肌がくっついているだけで幸せに感じる
  • 普通の騎乗位より我慢しやすい

宝船に限らず、 騎乗位系の体位になるとすぐにイッてしまう男性が多いです。

それは普段は男性主導でピストンを行うため、自分自身でイクタイミングを調節する事ができるのですが、騎乗位は女性主導でピストンをする事が多いので、イクタイミングを調節できなくなってしまうのです。

 

宝船は普通の騎乗位より、男性側は少し特殊な体勢になるので、騎乗位よりは我慢しやすい体位です。

 

宝船(たからぶね)まとめ

宝船(たからぶね)まとめ

宝船の姿勢で上手に動けるようになれば、深い挿入感を得ながらポルチオへの刺激を女性がコントロールできるように。

 

さらに男性の鼠径部にクリトリスを擦り付けるような動きを加えれば、快感も倍増します。

慣れれば男女ともにとても気持ち良いセックスができる体位ですので、ぜひチャレンジしてみましょう。騎乗位のアレンジとしてラブタイムを盛り上げるアクセント になります。