立ち鼎(たちかなえ)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㉗

セックスの四十八手(48手)でも人気度の高い『立ち鼎(たちかなえ)』

立ち鼎は有名な対面立位でもあるので、多くの方が経験したことのある体位かもしれませんね。もしかしたら、立ち鼎を間違って方法でやっている方も中にはいるかもしれません。

 

立ち鼎は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『立ち鼎(たちかなえ)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

立ち鼎(たちかなえ)とは?

立ち鼎(たちかなえ)とは?

『立ち鼎』はその名の通り、立ったまま行う挿入法で、やり方は簡単です。まずは男女が向き合って立ち、男性が女性の片足を持ち上げます。

 

こうすることによって むき出しになった膣口に、正面から挿入すれは『立ち鼎』の完成です。

女性が一本足で立つことになりますので、男性に片手で足を、もう片方の手で腰をしっかりと支えてもらいましょう。

 

立ち鼎ポイント

  • 男が主導権を握れる
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 激しいセックスが可能
  • ピストンもされやすい
  • 男女共に感じられる
  • 女性は壁に寄りかかるといい

 

立位といえば場所をとらず、 狭い場所でもセックスが楽しめる体位

二人の求め合う気持ちが抑えきれず、焦燥感から場所を選ばずセックスをしてしまう。そんなシチュエーションに立ち鼎は重宝します。

▶︎立ち鼎@ラブコスメ

 

立ち鼎(たちかなえ)のやり方

立ち鼎(たちかなえ)のやり方

立ち鼎(たちかなえ)は立位の体位。男女が向かい合って立ち、男性が女性の片足を抱えた状態で挿入します。

女性は片足立ちになるので、バランスを崩して転倒させないように男性は女性の脚と腰を支えてあげてくださいね。

 

立ち鼎は挿入後 バランスを崩さないように腰を動かさなければならないため、難易度は高め。しかし男性がしっかり女性の身体を支え、立ち鼎の体位の動かし方に慣れれば膣の締まりを感じられて男女ともに強い快感を味わえますよ。

見た目的にもエロくて、立ったまま抱き合いながらセックスできる体位なので立ち鼎が好きな女性は多いです。ベッドがない場所でも挿入できるので野外エッチにもぴったりですね。

 

基本姿勢

  1. お互い立ち姿勢
  2. 男性は女性の片足を持つ
  3. 挿入。(女性が入れてあげるとスムーズ)
  4. 壁に寄り掛かりながらやるといい

女性は男性の首の後ろに手を回してしっかりと掴まりましょう。

より安定させたい場合は、女性の背中を壁に預けることでバランスが取りやすくなります。

 

場所を選ばない

立ち鼎は立ったまま挿入するため、ベッドのない場所や狭い場所でも挿入できます

場所を選ばずにセックスできるので、お風呂場や野外などで挿入したくなった時にもおすすめです。

 

身長差のあるカップルには不向き

立ち鼎は、身長差のあるカップルだとお互いの性器の位置があわず挿入しにくいです。立ち鼎を行うのは同じくらいの身長のカップルか、やや男性のほうが高いくらいがベストでしょう。

 

位置が合わないのに無理に挿入しようとするとバランスを崩しやすく危険です。立ちバックや対面座位など、違う体位に変えましょう。

 

挿入が浅くなりやすい

立ち鼎は、慣れないうちは挿入が浅くなりやすい体位です。

ただし立ちかなえの体位に慣れていくうちに、角度や足の開き方でピンポイントに快感を感じられる場所が見つかります立ちかなえに慣れるまでは、女性の反応を見ながら調整しながら行ってください。

 

男性目線の立ち鼎

男性目線の立ち鼎

男性目線の立ち鼎(たちかなえ)は、女性との密着度が高い体位で男性主導の体位なので、好まれる男性が多いです。

挿入が多少難しかったりするので、セックス初心者は自分からやろうとしないと思うので、女性から足を上げて挿入の手伝いをしてあげましょう。

 

立ち鼎(たちかなえ)まとめ

立ち鼎(たちかなえ)まとめ

立ち鼎は立った男女がお互いに向き合って、男性が女性の片足を抱えつつ挿入する立位。女性が片足を上げることで挿入がしやすくなり、 ピストンも容易になるので深い挿入感が楽しめます。

女性は男性の首の後ろで手を組んでバランスをとりますが、洋画にありがちな廊下で激しく求め合う男女を参考に、女性が壁にもたれかかって男性が攻める方法も。こうすれば女性がバランスをとりやすく、男性もピストン運動に集中できておすすめです。