テコがかりのやり方を徹底解説!四十八手マニュアル⑤

 

セックスの四十八手(48手)でも最も難易度の高い『テコがかり』

テコがかりはあまり多くの方は知らない体位かもしれませんね。テコがかりはセックスの四十八手の中でも最も難しいと言われている体位で挑戦できていないという人も結構いると思います。

48手もある中で最も難しい体位ですからね。できなくても仕方ないです。

テコがかりは大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんも好きな体位♡
今回は『テコがかりのやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

そもそもテコがかりとは?


そもそもテコがかりとは?

てこかがりはお互いがお互いの足の方を向く、いわゆるシックスナインの体勢のまま挿入するちょっと上級者向けの体位。挿入がちょっと難しいです。

 

男性上位のシックスナインのポーズになり、お互いの性器をたんねんに愛撫しあい、フェラチオやイラマチオも行って勃起力を高めておくと、『テコかがり』に耐えうる強度をペニスに与える事ができるでしょう。

 

膣の角度が逆向きなので、ペニスをかなり反り返らせて挿入することになりますが、頑張って先端だけでも挿入してみてください。かつて経験した事のない新たな快感が味わえるでしょう。

▶︎テコがかりメリット☜

 

テコ掛かりポイント

  • 難しいけど気持ちい
  • 上級者向け
  • 小刻みピストン
  • 足フェチにオススメ
  • いつもと違った快感

 

上級者以外は手を出しにくい

上級者以外は手出しにくい

『テコがかり』は難しい体位ですので、素人が安易に手を出すと撃沈してしまう可能性があります。

逆さ向きでの挿入には、ペニスの長さのみならず、硬さや持久力も求められるからです。モタモタしているうちにペニスが萎んでしまったら、お互いに萎え萎えです。

 

テコがかりやり方

テコがかりはペニスを無理な方向に曲げて挿入します。

ペニスに強い負荷がかかります。激しい動きや無理な挿入でペニスを傷めてしまうことも。

また女性も、他の体位にはない角度でペニスが挿入されます。ペニスによる強い圧迫感が痛みに変わることもあるので注意しましょう。

 

基本姿勢

  1. 女性は仰向けに
  2. 男性の頭は女性の足先
  3. うつ伏せになった男性は、勃起したペニスを手で下に押さえつけながら挿入
  4. 適度な硬さのペニスであれば挿入しやすくなります。

 

ペニスを押し下げて痛みを感じない程度の柔らかさでありながら、挿入後に中折れしてしまわないほどよい硬さが求められます。

男性はペニスを押し下げつつ、膣口にあてがいながら両ヒザを少し曲げて挿入します。挿入が難しいので、女性もペニスを膣口に誘導するなどサポートしましょう。

 

男性目線のテコがかり

男性目線のテコがかり

男性目線のテコがかりは挑戦したい反面少し怖い体位でもあります。

最初のうちは挿入すら困難な体位なので途中で萎えてしまったりすると女性に申し訳なさが残ってしまいます。

また、若いうちは勃起力が武器だと思いますが、その勃起力が仇となって挿入できなかったりします。

 

テコがかりまとめ

テコがかりまとめ

挿入と姿勢の維持が難しく、他のどの体位にもない難しい姿勢のテコがかり

セックスの初心者から中級者でも、テコがかりの本当の魅力は分かりにくいもの。

この体位さえできてしまえば、なんの体位でもできると思うので、テコがかり達成者は自信を持って下さい。

▶︎正常位系体位8つを紹介!四十八手マニュアル後半☜