千鳥の曲(ちどりのきょく)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル ⑱

セックスの四十八手(48手)でも人気度の高い『千鳥の曲(ちどりのきょく)』千鳥の曲(ちどりのきょく)はいわゆるフェラチオの究極形態です。

千鳥の曲という名前だということを知らずに多くの方が経験したことのある体位かもしれませんね。フェラチオの型の中でも男性人気の高い体位でもあります。

 

千鳥の曲は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『千鳥の曲(ちどりのきょく)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

千鳥の曲(ちどりのきょく)とは?


千鳥の曲(ちどりのきょく)とは?

千鳥の曲(ちどりのきょく)とは、セックスの前戯で女性が男性に対して愛撫する時の技巧です。

四十八手の雁が首と大変よく似ていますが、雁が首との違いは、仰向けの男性に対して横からフェラするか、男性の足の間に入りフェラするかの違い です。

 

千鳥の曲(ちどりのきょく)・・・男性のかたわらでフェラ

雁が首・・・男性の足の間に入りこみフェラ

 

ポイント


 

1つ目は、まず女性は正座を崩した姿勢で、お尻を男性の顔の方に向けます

こうすると男性は女性のデリケートゾーンを手で愛撫しやすくなります。

 

千鳥の曲ポイント②

もう1つは、女性が ペニスを愛撫するとき、男性の顔を見れるよう少し顔を傾けると良いでしょう。

このとき、髪の長い女性は髪で顔が隠れてしまわないように、男性の足先側に髪の毛を流します。

 

男性はペニスを愛撫している女性を見ると、まるでAVのようなビジュアルでとても興奮できます。

 

注意点

注意点

千鳥の曲(ちどりのきょく)は比較的簡単な体位ですが、愛撫するのに夢中になってペニスに歯が当ってしまったりすると、逆に萎えさせてしまう事もありますので、その点はご注意下さい。

 

千鳥の曲(ちどりのきょく)やり方

千鳥の曲は、男性の体を楽器のようにみたてて愛撫します。

具体的なやり方は、まず男性が床に仰向けになり、 女性が男性の体に配して勃起したペニスを口や手で愛撫していきます。

 

空いたもう一つの手は、男性の乳首や睾丸などを優しく刺激していきます。

 

基本姿勢

  1. 男性は仰向けになる
  2. 男性にお尻を向けるようにして
  3. フェラ開始

お尻を男性の方に向けて、横からフェラする形をとることによって、男性側も女性を愛撫し安くなりますので、お互いを刺激し合えるようになります。

 

男性目線の千鳥の曲

男性目線の千鳥の曲

男性目線の千鳥の曲は、ほぼ一方的に女性から愛撫されるので、イク可能性の高い体位です。

この時に男性がイキそうだったら素直にイカせてあげた方がいいです。

 

そうすることによっていざ挿入プレイを始めたときの男性の早漏予防にもなりますので、長い挿入プレイを楽しむ事ができるようになります。

 

千鳥の曲まとめ

千鳥の曲まとめ

千鳥の曲は向けになった男性の横から女性がフェラチオする前戯の体位。同じくフェラチオの体位である雁が首との違いは女性の位置。

雁が首☜が男性の足の間に入ってフェラチオするのに対して、 千鳥の曲は男性の横に座ってフェラチオします。

 

繊細な指の動きで美しい音色を紡ぎ出すかのように、男性の体を優しく愛撫しながら、ペニスを愛でるように愛撫すれば、女性が一番聞きたい男性の声が聞けるかも。