茶臼のばしやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㊻

セックスの四十八手(48手)でも愛情を感じ合うことができる『茶臼のばし』

茶臼のばしは脚を伸ばして行う正常位の男女逆バージョンの騎乗位です。

 

茶臼のばしは大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『茶臼のばしのやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

茶臼のばしの説明

茶臼のばしの説明

茶臼のばしは女性が男性の上に乗ってまたがる騎乗位の応用体位です。

基本的に女性が男性の上に覆いかぶさるように乗っかるだけなので、誰でも簡単に出来ることからセックス初心者向けの体位でもあります。

 

茶臼のばしポイント

  • 愛情を感じあえる
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 騎乗位
  • 男女共に感じられる
  • 挿入が浅くなる

女性はチンポを挿入するのと同時に、男性と身体が密着できるので肌のふれあいを楽しむことができるのでセックスでは盛り上がります。

 

ペニスが抜けやすい

茶臼のばしはペニスが抜けやすいという注意点があります。

一度抜けたペニスを再び挿入することは難しく、場がしらけてしまうことも。強い刺激を求めるあまり、激しく腰を動かしてペニスが抜けてしまっては本末転倒ですね。

 

茶臼のばしのやり方

騎乗位の応用体位で、基本的に女性が男性の上に覆いかぶさるように乗っかるだけなので、誰でも簡単に出来る体位です。

 

基本姿勢

  1. 騎乗位の状態になる
  2. 男性が足を軽く広げ、その間に女性が入る
  3. 挿入
  4. 女性が体を倒す

茶臼のばしは女性の両脚を閉じた状態で足を伸ばす姿勢になるので、膣の締まりが良くなります

そんな茶臼のばしの締まりをさらに実感するには、まず騎乗位☜でセックスを楽しむのがおすすめです。

 

男性目線の茶臼のばし

男性目線の寄り添い(よりそい)

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の茶臼のばしは、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は3つあります。

 

男性が茶臼のばしを好きな理由
  • お互いの愛を感じられる
  • 男性はイチャイチャが大好き
  • 肌と肌がくっついているだけで幸せに感じる

意外かもしれませんが、 男性って結構イチャイチャするのが大好きな生き物です。しかも寄り添いの場合肌と肌がくっ付いてイチャイチャするので、それだけでも男性は物凄く幸せに感じてくれます。

 

男性の中にはコミュニケーションが苦手で、うまくイチャイチャできないという方もいますので、そういう方が相手だった場合はあなたから積極的にアプローチをしてあげるようにしましょう。

 

茶臼のばしまとめ

手懸けまとめ

茶臼のばしが初心者向けの体位で、イチャイチャできることから多くの人に支持されている体位です。

今度は実際に茶臼のばしでもっとも気持ちよくなれる方法をご紹介していきます。上手くできるようになれば、男性が気持ち良くなるのは確かですが、女性のことを中と外の両方でイカせれるようになるはずです。