燕返し(つばめがえし)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル⑩

セックスの四十八手(48手)でも快感度が最も高い『燕返し(つばめがえし)』

燕返しはと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、後背位の一つで、強い快感を得られることで人気の技で、四つん這いになった女性の後ろから、男性が挿入する体位です。

 

燕返しは大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『燕返し(つばめがえし)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 


燕返し(つばめがえし)

いつもは届かない膣奧のGスポットをペニスで刺激できることから、この体位をすると女性が膣イキする可能性も高くなります。

普段は膣内の刺激でイケない女性にはピッタリの体位と言えるでしょう。

 

燕返し(つばめがえし)ポイント

  • 男性主導
  • 初心者でも楽しみやすい
  • Gスポットに当たりやすい
  • 男女ともに感じられる
  • 3点責めもされやすい
  • 快感度が最も高い

通常のバック挿入よりも深く、強い挿入感が得られます。膣奥のGスポットをペニスで刺激することも可能 になり、女性が中イキしやすくなります♡

▶︎燕返しメリット☜ 

 

燕返し(つばめがえし)のやり方


燕返し(つばめがえし)のやり方

まずは通常のバック挿入を行うポジションに移動しましょう。

女性が四つん這いになって、その後ろに男性が立つと言うスタイルです。男性が膣にペニスを挿入し、それと同時に女性が片足をあげます。

基本姿勢

  1. 鬱むせ
  2. 片足を上げ(男性のサポートあると楽)
  3. 男性に優しく挿入してもらう。
  4. 男性は女性の片足を持ちながらピストン

 

相当深い挿入ですのでポルチオを集中的に刺激できる ようになり、ポルチオが性感帯の女性にとっては中イキしやすい体位に大変身です。

 

男性目線の燕返し(つばめがえし)


男性目線の燕返し(つばめがえし)

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の燕返しは、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は6つあります。

 

男性が燕返しを好きな理由
  • ピストンが男性主導な為、イキそうになっても調節できる
  • 多くのバリエーションを楽しみやすい
  • 女性を支配できる
  • 挿入しているところが見れる
  • 乳首も同時に責めやすい
  • 深い挿入感がたまらない

 

なぜ男性に燕返しが人気があるかと言うと、早漏の人でも自分自身でイクタイミングを調節できるからなのです。 日本人の半数以上は早漏と言われていますからね。

男性も出来るだけ長くセックスを楽しみたいのです。

 

また、燕返しは普段控えめな男性でも、狼になりやすい体位なので、S属性の男性からしても大変人気のある体位です。

 

燕返し(つばめがえし)まとめ


燕返し(つばめがえし)まとめ

燕返しは後背位の変化形でうつ伏せになった女性の片足を男性が持ち上げて、開いた女性の股に男性が入り込んで挿入する体位。

そんな燕返しでは女性の気分ひとつで膣内の性感帯を網羅できる二つの体位を移行でき、女性は最高の快感が得られる可能性が高まります

▶︎バック&立ちバックのバリエーション7つ☜