つり橋やり方を徹底解説!四十八手マニュアル④

セックスの四十八手(48手)でも人気度の高い『つり橋』

つり橋は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『つり橋しのやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

そもそもつり橋とは?

そもそもつり橋とは?

つり橋は正常位系四十八手の中でも唯一女性側のアクロバティックさが求められる体位。仰向けになった身体を、肘下で支えるようにして浮かせた状態で挿入する体位です。

 

女性の身体がまっすぐになるので男性は挿入がしやすく、密着度のある挿入が楽しめるので深い部分までペニスが届きます。

奥深くの挿入が好き、ペニスの小さいカレとセックスを楽しみたい人におすすめです。

 

上半身を浮かせるのは腕というよりも体幹のトレーニングにもなるので、セックスでカロリー消費やダイエットを兼ねたいという人にもおすすめ。

つり橋のメリット!☜

 

つり橋ポイント

  • 男性にたっぷり愛撫してもらえる体位
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 短期集中
  • ピストンもされやすい
  • 男女共に感じられる
  • 彼氏が短小でも楽しめる

 

互いに負担が大きい

互いに負担が大きい

つり橋は女性は自分の上半身を両ヒジで支えるため負担が大きく、ピストンが激しいとバランスを崩してしまったり、男性も女性を支え続ける体位なので互いにとても疲れます。

 

お互いに無理な姿勢でチャレンジする体位ですので、最初はゆっくり目から初めて、徐々にピストンの速さと激しさを強めにしていきましょう。

 

つり橋のやり方

つり橋のやり方

つり橋は正常位の姿勢のまま移行できるので、やり方は比較的に簡単です。

体位の難易度は低く、お互いがつり橋の姿勢を維持して楽しむ共同作業は、二人の一体感をより高めることでしょう。

 

つり橋は女性がこの体位に誘導しやすいのもポイント。

 

基本姿勢

  1. 女性は肘をついて正常位の体勢に
  2. 女性は足を開かく
  3. 男性が女性の足の間に入り、挿入する
  4. 男性は女性の足を持ち、女性は肘でカラダを支える

 

女性の足はやや開いて足に力を入れすぎないことがポイント

 

姿勢を維持しようと両足でも自分の体重を支えようとしてしまうと、足の筋肉が硬くなり、深い挿入感を邪魔してしまいます。

女性は男性の腕力を信じて下半身の力を抜いてリラックスしましょう。

 

つり橋メリット

つり橋は難易度が低く誰でも気軽に楽しめる体位

彼氏のペニスが短小でも大丈夫。
ペニスが短い人がこの体位を積極的に取り入れると、女性にこれまで以上の強い快感を与える事ができるでしょう。


正常位からの派生でつかえるつり橋は、応用度の高い体位です。女性は大きな体位変更をする必要もなく、男性の腕力だけでスムーズに体位を移行させる事ができるので、セックスのアクセントとして取り入れるのに最適です。

 

この体位を取り入れるだけで、「セックスが上手い」と思ってしまうくらい気持ちの良い体位です。

 

男性目線のつり橋

男性目線のつり橋

男性目線からつり橋の話をすると、つり橋は腕の腕力をアピールできる且つ正常位から簡単に流れを作りやすい体位なので積極的に取り入れたい体位です。

 

気持ち良さの面でも、膣の奥までペニスを届けやすいので、
男性からしても気持ちの良い体位となります。

 

つり橋まとめ

つり橋まとめ

四十八手の中でもアクロバティックな体位のつり橋。

つり橋は正常位の姿勢のまま移行できるので、比較的に簡単です。

 

ただ姿勢を維持するのは男女ともに負担が大きい体位。それだけに、男女の息が合わないと吊り橋で快感を得るのは難しいです。

逆に男女の息が合えば一体感と達成感、そして何より深い挿入から得られる強い快感が得られます。

オススメ記事:正常位系体位8つを紹介!四十八手マニュアル前半☜