浮き橋のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル⑭

セックスの四十八手(48手)でも人気度の高い『浮き橋』

浮き橋は多くの方が経験したことのある体位かもしれませんが、逆にやり方がわからないからまだ挑戦できていないという人も結構いると思います。

 

浮き橋は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『浮き橋のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

浮き橋

浮き橋

浮き橋は足を曲げて横向きになった女性に男性が体を起こした状態で挿入する体位。女性が足を閉じているため、膣圧も高くお互いに快感が強まります。

女性の体が横を向いているので正常位や後背位にはない挿入感が得られます。

 

浮き橋ポイント

  • 中級者向け
  • アクロバティック
  • いつもと違う挿入間
  • むっつり男子に人気
  • Gスポットに当てるのは難しい

浮き橋のピストンは男性が主役。ピストンの要領は正常位とほとんど同じですが、二人の姿勢がかみ合わないと男性は腰を動かしにくくなります。

 

逆に二人の姿勢がかみ合えば勢いよくピストンできて、膣圧の高さもたっぷり楽しめます。意外にも挿入が深い体位なので、慣れればお気に入りの体位になるかも。

 

脇腹が痛くなる可能性がある

女性の背骨がまっすぐになるように男性が女性の腰を持ち上げてもらうことですが、そうすると男性の腕の負担が大きくなってしまいます。

 

こればかりはしょうがないのですが、浮き橋をやるときはどちらかに負担が偏ってしまいます。

 

浮き橋のやり方

浮き橋のやり方

まずは、バックの状態から女性を横向きに寝かせ、男性は膝立ちになりましょう。男性は女性の腰を下から支える様に手をそえ、自分のペニスに女性の膣口をあてがい、挿入します。

 

基本姿勢

  1. 女性は四つん這いの形になり
  2. そのまま横向きに寝る
  3. 男性は膝立ちに
  4. 膣口を探し挿入
  5. 男性主導でピストン開始

後背位を行う時に身長差がありすぎると、動きにくい体勢になってしまったり、挿入感が今ひとつになってしまう事がありますが、この体位ならその心配が入りません。

 

男性目線の浮き橋

男性目線の浮き橋

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の浮き橋は、積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は4つあります。

 

男性が浮き橋を好きな理由
  • ピストンが男性主導な為、イキそうになっても調節できる
  • 多くのバリエーションを楽しみやすい
  • 女性を支配できる
  • 挿入しているところが見れる

なぜ男性に浮き橋が人気があるかと言うと、早漏の人でも自分自身でイクタイミングを調節できるからなのです。 日本人の半数以上は早漏と言われていますからね。

男性も出来るだけ長くセックスを楽しみたいのです。

 

また、浮き橋は普段控えめな男性でも、狼になりやすい体位なので、S属性の男性からしても大変人気のある体位です。

 

浮き橋まとめ

浮き橋まとめ

浮き橋は挿入が難しく、うまくピストンできるようになるには男女のちょっとした姿勢がかみ合っていなければなりませんが、お互いに動きやすい姿勢を探し当てれば、男性は力強く素早く勢いのあるピストンが可能に。

 

さらに奥深くまでペニスを挿入でき、膣圧も高いので、男女ともに快感の強い体位です。