流鏑馬(やぶさめ)のやり方を徹底解説!四十八手マニュアル㊳

セックスの四十八手(48手)でもSM好きに人気度の高い『流鏑馬(やぶさめ)』

流鏑馬はと言うと聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、女性が男性の首に縄を回してまるで乗馬のような騎乗位をすることを示します。

 

女性がS男性がMの時にとても相性の良い体位となります。

流鏑馬は大人のアダルト知識ブロガーのめっぽさんもオススメの体位♡
今回は『流鏑馬(やぶさめ)のやり方を徹底解説!』をご紹介していきます。

 

流鏑馬(やぶさめ)

流鏑馬(やぶさめ)

流鏑馬(やぶさめ)は縄を使った本格的な騎乗位です。仰向けに寝転んだ男性の首に縄、をまきつけ、それを女性が「たずな」のように引っ張りながら腰を動かします。

 

本当にまるで流鏑馬ですね。

ソフトSMの嗜好がある人にもピッタリと言えるでしょう。

 

流鏑馬(やぶさめ)ポイント

  • ソフトSM
  • 初心者でも楽しみやすい
  • 男性は早イキしがち
  • お互い愛が深まる
  • 道具を使った体位
  • S心が刺激される

縄を使ったプレイはハードなSMを想像してしまいがちですが、流鏑馬は誰でもセックスが楽しめるようなソフトめの物です。

 

もちろん、SM好きの人にもうってつけなのですが、セックスの経験が少ないカップルや同じようなセックスしかしていないマンネリ化カップルなどにも適しています。

▶︎流鏑馬@風俗部☜

 

縄は緩めがちょうど良い

よく流鏑馬に挑戦しようと思って、張り切ってしまい縄をキツく絞めすぎてしまう方がいますが、それは男性がただただ痛みを感じるだけになってしまうのでやめましょう。

縄のは絞めた時に指が入るくらいの緩さで十分です。

 

ベルトやネクタイでも応用可能

いざ流鏑馬をやろうと思っても普段から縄を持ち合わせてない限り、手元に縄がない状態になると思います。(普通は縄持っていませんからね笑)

 

では、そんな状況でどうやったら流鏑馬ができるのかと言うと、 ベルトやネクタイでも応用可能です。ネクタイに至っては縄そりもタッチがソフトなので、男性も首を痛めずに流鏑馬を楽しみやすいかと思います。

 

流鏑馬(やぶさめ)のやり方

流鏑馬(やぶさめ)

流鏑馬はとても簡単。流鏑馬の姿勢は騎乗位と同じです。

1本の縄を準備して、男性の首の後ろに通して両手で縄を握れば流鏑馬の完成。本物の乗馬のようにしっかり手綱を握って、女性が積極的に腰を動かして男性を攻めましょう

 

基本姿勢

  1. 男性が仰向けになり
  2. まずは、騎乗位で腰を柔軟にしておく
  3. 興奮してきたら縄を男性の首に通す
  4. 女性は縄を引っ張りながらピストン

激しく腰を動かせば、お互いに気持ち良くなれるだけではなく、 女性は男性を支配するサディズム男性は女性にコントロールされることでマゾヒズムが実感できまず。

 

男性目線の流鏑馬(やぶさめ)

男性目線の流鏑馬(やぶさめ)

セックス はコミュニケーションですからね。男性がこの体位についてどう思っているのかなども、知っておく必要があります。

男性目線の流鏑馬は、人によっては積極的にやりたい体位です。と言うのも理由は3つあります。

 

男性が流鏑馬を好きな理由

  • Mに目覚めてしまう
  • 中毒性がある
  • 男性は女性にいじめられたい欲が心の奥底にある

 

流鏑馬に限らず、 騎乗位系の体位になるとすぐにイッてしまう男性が多いです。

それは普段は男性主導でピストンを行うため、自分自身でイクタイミングを調節する事ができるのですが、騎乗位は女性主導でピストンをする事が多いので、イクタイミングを調節できなくなってしまうのです。

M男性からしたら流鏑馬はより一層イきやすくなりますね。

 

流鏑馬(やぶさめ)まとめ

流鏑馬(やぶさめ)まとめ

流鏑馬のやり方や注意点、セックスの流れをご紹介しましたので今度はあなたが実践する番です。

今までとは違ったセックスをしてみたい!と思う方は新しい世界が見えるはずです! 男女ともに盛り上がる体位でもありますので、一度くらいは経験した方が良いかと思います。

 

関連記事▶︎四十八手一覧!人気の体位はどれか☜